「Kosynier」シリーズはレトロデザインの電動アシスト自転車。ポーランドのファミリーカンパニーが製造する。

レトロデザインの電動アシスト自転車「Kosynier」シリーズ  (画像は「Kosynier deLux」)
レトロデザインの電動アシスト自転車「Kosynier」シリーズ
(画像は「Kosynier deLux」)

バリエーションは3種類。フェンダーやライト、ハンドルの形状などでレトロ感を打ち出した「Kosynier deLux」、リアキャリアなどを取り外して軽量化したスポーティーな「Kosynier Boardtrack」、そしてモーターが付属しない「Kosynier Cruiser」の3つのモデルが用意されている。

バリエーションは3種類  (画像は「Kosynier Boardtrack」)
バリエーションは3種類
(画像は「Kosynier Boardtrack」)

いずれのモデルでも、フレームはすべて手作り。また、レザーパーツなども、カンパニー内でハンドメイドされている。

すべてのフレームが手作り
すべてのフレームが手作り

レザーパーツも、カンパニー内でのハンドメイド
レザーパーツも、カンパニー内でのハンドメイド

モーターのデザインもレトロ。開発元は言及してはいないが、おそらくはハーレーダビッドソンのV型ツインエンジンを模したものだろう。このモーターで、45キロと少し重めの車体をパワフルに前進させる。

モーターは、ハーレーダビッドソンのV型ツインエンジン風?
モーターは、ハーレーダビッドソンのV型ツインエンジン風?

バッテリーは48V/24Ah。バッテリーの充電に必要な時間は約4.5時間で、1回の充電で約80キロ走行できる。最高速度は電動アシストモードでは時速25キロ、オフロードモードでは時速50キロに設定された。

バッテリー残量などは、スマートフォンアプリでチェックできる
バッテリー残量などは、スマートフォンアプリでチェックできる

同社代表のMarcin Bielawskiさんは現在、「Kosynier」シリーズの市販化に向けてクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集のキャンペーンを実施している。本稿執筆時点では、レトロな「Kosynier deLux」が4,900ドル、スポーティな「Kosynier Boardtrack」が3,900ドルの出資で入手可能だ。

ただし、「deLux」および「Boardtrack」は日本では電動アシストとは認められず、公道を走るにはナンバーの取得が必要となる。また、必ずしもナンバーが取得できるとは限らない点には注意が必要だ。

それでは困るという人、あるいは免許を保有していないという人には、モーターの無い「Cruiser」が良いかもしれない。こちらは、入手に必要な金額は2,500ドルだ。日本への配送も対応する。

モーターの付属しない「Kosynier Cruiser」  ボディが重いので、アシストなしだとしんどいかも?
モーターの付属しない「Kosynier Cruiser」
ボディが重いので、アシストなしだとしんどいかも?