ホンダ「NC750S」のカラーリングが変更された。また、全タイプABS標準装備とされ、4月20日に販売開始される。

ホンダ「NC750S」に新色「キャンディークロモスフィアレッド」と「グラファイトブラック」、ABSを標準装備

「NC750S」は直列2気筒750ccエンジンを搭載した、ネイキッドスタイルの大型スポーツモデル。大容量のラゲッジスペース、スポーツグリップヒーター、ETC車載器を標準装備しているほか、「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」をタイプ設定しており、通勤からツーリングまで幅広い走行状況で高い利便性と快適性を提供する。

ホンダ「NC750S」に新色「キャンディークロモスフィアレッド」と「グラファイトブラック」、ABSを標準装備

今回のカラーリング変更では、「グラファイトブラック(ツートーン)」と、「キャンディークロモスフィアレッド」の2色が新たに採用された。「グラファイトブラック」では、サイドカバーおよびラゲッジリッドをブルーに塗装したほか、フロントフェンダーの中央部にブルーのストライプを、メインシート側面とピリオンシートにはブルーのシート表皮を採用したツートーンカラーとしている。

ホンダ「NC750S」に新色「キャンディークロモスフィアレッド」と「グラファイトブラック」、ABSを標準装備

また、従来タイプ設定であったABSが全タイプ標準装備とされた。

メーカー希望小売価格は、「NC750S」の「グラファイトブラック(ツートーン)」が75万7,080円で、「キャンディークロモスフィアレッド」が74万880円。「NC750S Dual Clutch Transmission」の「グラファイトブラック(ツートーン)」が82万2,960円で、「キャンディークロモスフィアレッド」が80万6,760円(価格はいずれも消費税込み)。