Garminの自転車用後方レーダー「VariaRTL510リアビューレーダー」とGPSサイクルコンピューター「Edge130」が6月7日に販売開始される。予約開始は5月31日。

Garminの自転車用レーダーとGPSサイコン
Garmin、「VariaRTL510リアビューレーダー」と「Edge130」発売

「VariaRTL510リアビューレーダー」は、セーフティライドをサポートするレーダー内蔵テールライト。約140メートル後方から接近する車両を検知し、Edgeデバイス経由でサイクリストに注意を喚起する。

レーダー内蔵テールライトGERMIN「VariaRTL510リアビューレーダー」
レーダー内蔵テールライト「VariaRTL510リアビューレーダー」

セーフティライドをサポートするレーダー内蔵テールライト「VariaRTL510リアビューレーダー」
後方から接近する車両を検知し、Edgeデバイスでサイクリストに注意を促す

前モデルと比較して、テールライトの可視性能が向上された。最大65ルーメンの明るさで、日中であっても約1.6キロ離れた場所から視認可能となった。

可視性能が向上した「VariaRTL510リアビューレーダー」
日中であっても約1.6キロ離れた場所から視認可能に

デザインは、前モデルの横型から、シートポストに垂直にマウントできる縦型に変更。ペダリングの妨げになりにくく、自転車へのマウントもスマートになった。

可視性能が向上した「VariaRTL510リアビューレーダー」
デザインは縦型に変更された

サイズは39.6×98.6×19.7ミリで重さは71グラム。価格は2万3,800円(消費税別)。シートポストマウント、microUSBケーブルなどが付属する。

一方、「Edge130(エッジ130)」は、軽量でシンプルなデザインを持つGPSサイコン。だが、機能は同シリーズの上位機種なみという、高いコストパフォーマンスを実現している。

軽量でシンプルなデザインを持つGPSサイコンGARMIN「Edge130(エッジ130)」
軽量でシンプルなGPSサイコン「Edge130(エッジ130)」

サイズは41x63x16ミリで、重さはわずか約33グラム。軽量コンパクト設計ながら、スピード、ケイデンス、心拍、パワーなどサイクリストが求める基本計測機能が充実している。計測された情報は、新採用1.8インチMIPディスプレイに表示。直射日光下や夜間でも確認可能だ。

軽量でシンプルなデザインを持つGPSサイコン「Edge130(エッジ130)」
軽量コンパクトながら、サイクリストが求める基本計測機能が充実

軽量でシンプルなデザインを持つGPSサイコン「Edge130(エッジ130)」
計測された情報は、新採用1.8インチMIPディスプレイに表示

コースナビ機能も充実。GPSを利用した位置測位で、Garmin Connectから転送したコースをナビゲートする。転換点案内にも対応しており、転換点に近づくとアラートと画面表示でサイクリストに通知。複雑なコースでの曲がり角も、しっかりと教えてくれる。

計測された情報は、新採用1.8インチMIPディスプレイに表示。直射日光下や夜間でも確認可能だ。
コースナビ機能も充実

スマートフォンと連携して、ライド環境を快適にするスマート機能を搭載。電話やSMSの着信を教えてくれる通知機能、ライドデータを自動でGarmin Connectへアップロードする自動アップロード機能などを提供する。

計測された情報は、新採用1.8インチMIPディスプレイに表示。直射日光下や夜間でも確認可能だ。
ライド環境を快適にするスマート機能

価格は本体のみ2万3,800円。スピードセンサーとケイデンスセンサーが付属する「セット」が2万9,800円(いずれも消費税別)。ハンドルステムマウントや、microUSBケーブルなどが付属する。