「Bicycle FenderBag」は泥除けの機能とバッグの機能をあわせ持つ自転車用アクセサリー。米国コロラド州在住のDoug DemuszさんとKathleen Fitzsimmonsさんが開発した。

フェンダーに自転車用バッグを取り付けたら、荷物が汚れない?-「Bicycle FenderBag」
自転車用フェンダーバッグ「Bicycle FenderBag」

雨の日、または雨上がりの日にバックパックを背負って自転車で走っていると、泥ハネでバックパックが汚れてしまう。ときには、その中の荷物まで汚れてしまうことも。フェンダーを取り付けていればかなり防げるが、フェンダーからバックパックまでの距離が遠いため、その効果は100%とはいえない。

「Bicycle FenderBag」はこの問題の解決を目指す製品。フェンダーに自転車用バックを取り付けてしまうことで、バッグの汚れを防ぐ。フェンダーとバッグの距離が近い…というか、距離が無いので、高い防泥効果を期待できる。フェンダーは雨の日は泥だらけになる、あまりきれいとはいえないものだが、それをバッグにしてしまうことでバッグの中身を汚さずに済むのでは?、という逆転の発想で作られたバッグだ。

Bicycle FenderBag
泥ハネからサイクリストや荷物を守るフェンダー
そのフェンダーをバッグにすることで、荷物を汚さない

装着には、シートポストとシートチューブにグリップ性の高いシリコンベルトを巻き付ける。ここに「Bicycle FenderBag」の2本のストラップで固定する仕組みだ。シリコンベルトのおかげで、バッグの位置がずれることはないそうだ。

Bicycle FenderBag
ストラップで簡単に取り付けられる

Doug Demuszさんは、「Bicycle FenderBag」を装着するサドルの後ろは、荷物へのアクセスに、もっとも適した場所だと主張している。

Bicycle FenderBag
たしかに

1.1リットル容量の「スモール」と、2.2リットル容量の「ラージ」の2種類が用意された。「スモール」では下のストラップからバッグのトップまでの長さが23センチ、「ラージ」では28センチあるので、愛車に装着できるか計測してから発注して欲しいとのこと。

Bicycle FenderBag
1.1リットル容量の「スモール」
バックパックの代わりは厳しそう

Bicycle FenderBag
2.2リットル容量の「ラージ」
こちらが本命?

Doug DemuszさんとKathleen Fitzsimmonsさんは現在、「Bicycle FenderBag」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、55ドルの出資と15ドルの送料などで「スモール」または「ラージ」サイズの「Bicycle FenderBag」を入手可能だ。出荷は2018年8月に予定されている。

Bicycle FenderBag
「晴れの日はどうする?」など、ツッコミどころもたくさん…。