風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」が自転車ブランドDOPPELGANGERから販売開始された。同社によるバイクパッキングシリーズ「Packs」の最新商品。

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」

風呂敷のような布一枚構造が特徴。荷物が少ないときにはバッグサイズを小さく、多いときには大きくできる。フロントバッグに入れる荷物がなくなった場合には、風呂敷のように折り畳んで別のバッグにしまうことも可能だ。幅も、ハンドルバーの長さに合わせて設定できる。

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
風呂敷のように、荷物の量に合わせてサイズを変更できる
変幻自在その1

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
荷物が無くなれれば、フロントバッグを無くしてしまうことも
変幻自在その2

使用するには、広げた「ラップハンドルバーバッグ」の上に荷物を置いて、ファスナーを閉める。あとは幅を調整すれば、自転車に装着可能だ。装着はベルトを使用して、ハンドルとステムに固定する。バッグの垂れ下がりによるタイヤとの干渉を防ぐ、バックルベルトも装備されている。

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
広げた「ラップハンドルバーバッグ」の上に荷物を置き

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
風呂敷のように畳み

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
ファスナーを閉める

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
幅を調整すれば

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
自転車に装着可能!

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
荷物が重いときには、バックルベルトで垂れ下がりを防止

風呂敷構造でちょっと困ってしまうのが、中身を取り出すたびに、バッグを取り外さなければならない点。走りながらアクセスしたい物を収納するのには、風呂敷構造は不便だ。

これを解決するため、「ラップハンドルバーバッグ」では2ルーム構造を採用。2つの収納スペースのうちの1つは、外側に取り付けられたダイレクトアクセスポケットから、物の出し入れが可能になっている。

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
2ルームのうち1つは、ダイレクトアクセスポケットから手を入れられる

希望小売価格は4,000円。全国のDOPPELGANGER取り扱い自転車店・量販店のほか、Amazon.co.jp、ヨドバシ.com、Yahoo!ショッピング、楽天市場などのオンラインサイトで購入できる。

風呂敷みたいな自転車用フロントバッグ「ラップハンドルバーバッグ」
キャンプ、行っちゃう?