「Aeroe BikePack」は自転車のバッグ。ニュージーランドネルソンに本拠を置くAeroe BikePackが開発した。

自転車バッグ「Aeroe BikePack」
自転車用バッグ「Aeroe BikePack」

軽量で丈夫で、取り付け/取り外しが簡単なのが特徴。製品は4種類のマウントと3サイズのバッグで構成されており、目的に合わせて最適な位置のマウントに、最適なサイズのバッグを取り付けて出かけられる。

自転車バッグ「Aeroe BikePack」
取り付け/取り外しが簡単

マウントは「ハンドルバーマウント」「フォークマウント」「シートポストマウント」「リアマウント」の4種。このうち「ハンドルバーマウント」は、頻繁にアクセスする必要があるものの収納に向いている。

自転車バッグ「Aeroe BikePack」
頻繁にアクセスするものの収納に向いた「ハンドルバーマウント」

自転車バッグ「Aeroe BikePack」
「ハンドルバーマウント」使用例

「フォークマウント」は他のマウントよりも低い位置に取り付けられるマウント。このため、比較的重いものを収納するのに向いているそうだ。

自転車バッグ「Aeroe BikePack」
低い位置に取り付けられ、バイクバランスに影響を与えにくい 「フォークマウント」

「シートポストマウント」は高い位置に置きたい荷物向け。また、別の自転車とすれ違うことの多い、狭い山道を走行する際にも、この位置は向いている。

自転車バッグ「Aeroe BikePack」
高い位置に置きたい荷物向けの「シートポストマウント」

自転車バッグ「Aeroe BikePack」
トレイルライドなどにぴったり

「リアマウント」は強固で信頼性の高いラック。荷物の中でもっとも重量のあるものを収納するのに向いている。

自転車バッグ「Aeroe BikePack」
重量のあるもの向けの「リアマウント」

バッグの種類は3種類。9リットル、11リットル、14リットル用が用意されている。サイズはそれぞれ、9リットル用が400x190x150ミリで、11リットル用が440x205x165ミリ。14リットルが470x220x180ミリ。

自転車バッグ「Aeroe BikePack」
この橋、結構怖くない?

Aeroe BikePackは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。入手方法などについて詳細は、Kickstarter内のプロジェクトページを参照されたい。出荷は2018年11月に予定されている。