「ST5」はハイパワーで、ハイテクで、ハイコストな電動バイク(電動モペッド)。スイスの電動アシスト自転車メーカーSTROMERが開発した。

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
ハイパワーで、ハイテクで、ハイコストな電動バイク(電動モペッド)「ST5」

850ワットのハイパワーな“SYNO SPORT”モーターを搭載。最大出力850W、最大トルク48Nmを発揮するこの新開発のリアハブモーターには、新たに「スポーツモード」が装備された。ボタンをプッシュするだけでライダーはさらなるパワーを感じられる。


1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
最高速度は時速45キロ

ダウンチューブに搭載されたバッテリーも、48V、983Whというハイパワーなもの。フル充電すると60~180キロの走行が可能だ(航続距離は走行モードによって異なる)。

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
ダウンチューブに搭載されたハイパワーバッテリー

ハイスペックなのはモーターやバッテリーだけではない。ヘッドライトには時速45キロでの走行に対応したSUPERNOVAのM99PROが採用された。このライトはハイビームとロービームの切り替えが可能で、ハイビームでの明るさは1,600ルーメンに達する。

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
時速45キロでの走行に対応したヘッドライト搭載

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
ハイビームでの明るさは1,600ルーメン

スマートフォンと連携したロックシステムを搭載。専用アプリをインストールしたスマートフォンを持つ利用者が「ST5」に近づくと、自動でロックが解除される。利用者が「ST5」を離れれば、自動的にロックがかかる仕組みだ。これにより、出かける前にキーを探して玄関をうろうろしたり、駐輪後にカギをかけ忘れたりといった悲劇から利用者を解き放ってくれる。

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
自動ロックを含むハイテク装備搭載

もっとも、「ST5」にカギをかけ忘れる人は少ないかもしれない。その価格は9,999.99ドル(約110万円)。自転車やバイクを盗まれたときのショックは大きいが、100万円を超える乗り物を盗まれた衝撃ははかりしれないだろう。そう、「ST5」は現在購入できるもっとも高価な電動バイク(モペッド)のひとつだ。

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
価格は日本円で約110万円
ハイコスト!

STROMERはYouTubeに、ある男性がガレージセールを実施して、クルマやバイク、スケートボード、そしてその他のなんだかよくわからないあれこれを売り払うという動画を公開している。ガレージに残ったのは「ST5」だけだ。

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
ある男性がガレージセールを行い

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
クルマや

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
バイク

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
スケートボードなど
すべての移動手段を処分

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
さらにはよくわからない何かも売り払い

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
現金に換える様子が描かれている

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
セールが終わったあと、ガレージに残るのは「ST5」だけ

この動画は高価な「ST5」を買うための方法を提案しているようでもあるし、また、「ST5」さえあればほかに何もいらない意志表明でもあるようだ。

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
「ST5」があれば、他に何もいらない

日本での販売についてSTROMERに問い合わせているが、本稿掲載日までに回答を得ることはできなかった。

1万ドル(約110万円)の電動バイク、STROMERの「ST5」
今日から通勤は、「ST5」で!