サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」が自転車ブランドDOPPELGANGERから販売開始された。

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」

自転車と一緒に寝られる構造を持つ「ツールームテント」。荷物を置ける前室と横になれる寝室で構成されており、前室に自転車を収納できる。これにより、自転車が盗難にあったり、雨に濡れたりすることを防げる。

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」

利用シーンに合わせて装備を選べるのも大きな特徴。基本的には「フライシート+インナーテント+ポール」で設営するダブルウォール構造だが、自転車への搭載重量を減らしたい場合にはインナーテントを無しにして、フライシートのみで設営できる。

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」

さらに、自転車をポール代わりにした設営も可能だ。

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」

装備を変更できるのにあわせ、キャリーバッグも各パーツ毎に用意された。フライシート用バッグ、ポール用バッグ、グラウンドシート用バッグ、ペグ用バッグが付属している。バッグをうまく活用すれば、「トップチューブにはポールを、シートポスト後ろにはフライシートを」などと、テントを分割して自転車に積載できる。

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」
キャリーバッグも各パーツ毎に用意

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」
テントを分割して自転車に積載できる

また、すべてのパーツをまとめて持ち運べるコンプレッション付きキャリーバッグも付属する。

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」
すべてのパーツをまとめて持ち運べるコンプレッション付きキャリーバッグ

展開時のサイズはW240×D180×H110センチ。インナーテントはW210×D90×H100センチ。セットにはフライシート、インナーテント、ポール、グラウンドシート、ペグ×17、ストームロープ短×3、ストームロープ長×4が含まれる。
       
希望小売価格は1万7,000円(消費税別)。全国のDOPPELGANGER取り扱い自転車店・量販店のほか、Amazon.co.jp、ヨドバシ.com、Yahoo!ショッピング、楽天市場などのオンラインサイトで購入できる。

サイクルキャンプ用のテント「バックフリップバイシクルテント」
自転車と、一泊!