日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開

日産とイタルデザインは、両社が共同開発したプロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開した。GT-Rとイタルデザインの50周年を記念するモデル。

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
GT-Rとイタルデザインの50周年を記念するプロトタイプ「Nissan GT-R50 by Italdesign」

Nissan GT-R NISMOの2018年モデルをベースとしたプロトタイプで、開発、設計、組み立てをイタルデザインが手がけた。内装・外装デザインは、ロンドンの日産デザインヨーロッパと、サンディエゴの日産デザインアメリカが担当している。

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
内装・外装デザインは、日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当

エクステリアのカラーリングは「リキッドキネティックグレイ」塗装仕上げ。これに、50周年記念として「エナジェティックシグマゴールド」がアクセントカラーとして加えられた。

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
アクセントカラーとして加えられた「エナジェティックシグマゴールド」

フロントにはゴールドのインナーパネルが採用されている。ボンネットに浮かび上がるパワーバルジは、このモデルのデザインのカギとして機能している。

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
フロントには、ゴールドのインナーパネルが

サイドデザインでは、ベース車より54ミリ低くしたルーフラインが目を引く。フロントフェンダーのエアアウトレット「サムライブレード」は、ドア下方部からショルダーラインまで配され、これもデザインのカギとなっている。

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
「サムライブレード」がデザインのカギに

リアでは、GT-Rの特徴である丸型テールライトが細いリングのようなデザインとされた。リアには可変式リアウイングも装着されている。

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
リアには可変式リアウイングを装着
丸型テールライトが細いリングのようなデザインに

インテリアでは、センターコンソール、インストパネル、ドアの内張りに2種類のカーボンファイバーが採用された。シート素材には黒のアルカンターラとイタリア製レザーが採用されている。また、エクステリアにあわせて、インストパネル、ドア、スイッチ類にゴールドのアクセントが施された。

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
センターコンソールなどに2種類のカーボンファイバーを採用

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
エクステリアにあわせ、車内にもゴールドのアクセント

エンジンは3.8リッターV6 VR38DETT。GT3での経験を活かして手作業で組み立てたこのエンジンは、推定値で最高出力720ps、最大トルク780 N・mを実現している。

パワートレインも改良され、耐久性の高いクランクシャフト・ピストン・コネクティングロット・ベアリング、高流量ピストンオイルジェットと大容量燃料噴射装置が採用された。カムシャフト、イグニションシステム、吸排気システムも改良されている。

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
パワートレインも改良された

サスペンションはBilstein DampTronicを採用した新開発システム。フロント6ピストン、リヤ4ピストンのブレンボ製ブレーキには赤いキャリパーが組み合わされた。足回りにはミシュランのパイロットスーパースポーツタイヤ(フロント255/35 R21、リヤ285/30 R21)が搭載され、エンジンの出力を最大限に生かすグリップを提供する。

日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開
ミシュランのパイロットスーパースポーツタイヤ搭載