スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売

軽四輪駆動車 新型「ジムニー」と小型四輪駆動車 新型「ジムニーシエラ」が7月5日、スズキから販売開始された。20年ぶりの全面改良。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」
20年ぶりのフルモデルチェンジ

「ジムニー」は1970年に、「ジムニーシエラ」は1977年に発売された四輪駆動車。悪路走破性の高さと取り回しの良さにより、全世界194の国・地域で、幅広く活躍してきた。今回発売された新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」では、ジムニーならではのこだわりと技術を継承しつつ、本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させている。

「ラダーフレーム」「FRレイアウト」「副変速機付パートタイム4WD」「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」というジムニー伝統の車体構成を継承。このうち、「ラダーフレーム」は、Xメンバーと前後にクロスメンバーを加えた新設計。ねじり剛性を先代モデル比で約1.5倍向上させている。また、車体とラダーフレームをつなぐボディーマウントゴムを新設計。乗り心地を改善し、優れた操縦安定性を実現した。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
新型「ジムニー」「ジムニーシエラ」に搭載された新開発ラダーフレーム

エンジンを縦置きに配した「FRレイアウト」を採用。フロントタイヤよりも後方に配置して、対障害角度を確保している。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売

機械式の「副変速機付きパートタイム4WD」を採用。路面状況に合わせて2WDと4WDを、ドライバーが自由に切替えて走行可能だ。4WDは4H(高速)と4L(低速)の2つのモードからセレクトできる。4Lでは通常の約2倍の駆動力を発揮し、急な登坂路や悪路に対応できる。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
機械式副変速機

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
トランスファーレバー

ジムニー伝統の「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」を採用。一般的な乗用車の独立懸架式サスペンションに比べ、凹凸路で優れた接地性と大きな対地クリアランスを確保した。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
ジムニー伝統の「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」

走破性能を高める電子制御の「ブレーキLSDトラクションコントロール」を全車に標準装備。4L(低速)モードでの走行時、エンジントルクを落とすことなく、空転した車輪にだけブレーキをかけることでもう一方の車輪の駆動力を確保し、高い脱出性能を実現している。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売

エンジンには、新型「ジムニー」には専用チューニングの「R06A型ターボエンジン」が採用された。新型「ジムニーシエラ」には、1.5Lの新開発「K15B型エンジン」が搭載されている。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
新型「ジムニー」に搭載された専用チューニングの「R06A型ターボエンジン」

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
新型「ジムニーシエラ」に搭載された「K15B型エンジン」

エクスエリアは、降雪時に雪がたまりにくい凹凸が少ないボディー形状や、走破性・積載性を高める細部の工夫など、機能に徹した造形とされた。丸型ヘッドランプや5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードなどの、ジムニー伝統のデザインアイコンは、随所にちりばめられている。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
丸型ヘッドランプなど、ジムニー伝統のデザインアイコンが随所に

「ジムニーシエラ」では、張り出しの大きなオーバーフェンダーとサイドアンダーガーニッシュを装備。「ジムニー」との外観上での差別化を図っている。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
「ジムニーシエラ」には、オーバーフェンダーとサイドアンダーガーニッシュを装着

インテリアでは、車両の姿勢・状況を把握しやすい、水平基調のインストルメントパネルや、ドアミラー付近の視界を拡大する形状のベルトラインが採用された。スイッチ類など操作部には、光の反射を抑え小傷が目立ちにくい質感の高いシボが採用されている。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
車両の姿勢を把握しやすい、水平基調のインストルメントパネル

前後席のパッケージングとしては、前席のヒップポイントを30ミリ後方に下げながら、前後乗員間距離を40ミリ拡大して居住性を向上させた。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
前後席ともに、居住性が向上

荷室では、床面がフラットとなり、スペースをいままで以上に有効活用できるようになった。また、後席シートベルトを脱着式とすることで、後席シートバックを倒した際の床面をすっきりとさせ、積載性を向上させた。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
床面がフラットとなり、いままで以上に有効活用できる荷室

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
後席シートベルトは収納可能に

ボディカラーは、「新型ジムニー」ではモノトーン9色、2トーンルーフ4パターンの全13パターンが設定された。「ジムニーシエラ」ではモノトーン9色、ブラック2トーンルーフ(3パターン)の全12パターンが設定されている。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
「新型ジムニー」ボディカラー一覧

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
「新型ジムニーシエラ」ボディカラー一覧

新色としては、悪天候の中でも目立つ「キネティックイエロー」と、「ジャングルグリーン」の2色が設定されている。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
悪天候の中でも目立つ「キネティックイエロー」

メーカー希望小売価格は、「ジムニー」のXCグレードで184万1,400円。「ジムニーシエラ」のJCグレードで201万9,600円。

スズキ、新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」発売
雪道に強い!