日産「ノート e-POWER」に4WD(モーターアシスト方式)車が追加され、7月5日に販売開始された。また、「ノート」の仕様が一部向上されている。

日産「ノート e-POWER」に4WD車を追加
日産「ノート e-POWER」に4WD車追加

「e-POWER」とは、ガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行する新しい電動パワートレイン。モーター駆動ならではの力強い加速性能と優れた燃費性能を両立している。

今回追加された4WD車は、主に寒冷地や積雪地の顧客向けに設定されたもの。「e-POWER」にプラスして、後輪駆動専用のモーターが搭載された新開発システム「e-POWER 4WD(モーターアシスト方式)」が採用されており、凍結路面などでの走りをサポートする。後輪駆動用モーターは1/100秒単位できめ細かくトルク制御可能で、ドライバーが前輪の空転を感じるより早く、4WD走行に切り替わる。

日産「ノート e-POWER」に4WD車を追加
前輪のスリップ量に応じて、後輪に最適なトルクを配分

例えば発進時にタイヤの空転が起こりやすい登り坂では、瞬時に4WD走行に切り替わり、スムースな発進・加速を実現する。

日産「ノート e-POWER」に4WD車を追加
登り坂では瞬時に4WD走行に切り替わり、スムースな発進・加速を実現

ボディカラーには新色「サンライトイエロー」を追加。また、「ブラックアロー」グレードにはルーフを「スーパーブラック」にした2トーンカラーを新たに設定し、全22色のカラーバリエーションとした。

日産「ノート e-POWER」に4WD車を追加
ノートe-POWER MEDALIST FOUR ブラックアロー

全国希望小売価格は、「ノートe-POWER MEDALIST FOUR ブラックアロー」で264万600円。

日産は同日、「ノート」の仕様向上も実施。e-POWER Sを除く全グレードに、「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備した。ガソリン車でもe-POWERと同様、前方の歩行者検知が可能な仕様に機能を向上している。さらに、「e-POWER」の一部のグレードに採用していた、「インテリジェント クルーズコントロール」と「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」を、ガソリン車にも拡大採用した。