リアにハブレスホイールを採用した電動バイク、RMK Vehiclesの「E2」

「E2」は、伝統的なバイクとは異なった発想でデザインされた電動バイク。フィンランドのスタートアップ企業RMK Vehicle Corporationが同社の最初のモデルとして開発しています。

リアにハブレスホイールを採用した電動バイク、RMK Vehiclesの「E2」

映画『トロン:レガシー』に登場する「ライトサイクル」のような、ハブレスホイールをリアに採用。ガソリンエンジン搭載車に比べてデザインの自由度が高い、電動バイクならではのユニークな外観を実現しました。搭載されたモーターの最大出力は50kW(67PS)、最大トルクは320Nm(236 lb-ft)で、最高速度160キロで走行できるのだとか。

リアにハブレスホイールを採用した電動バイク、RMK Vehiclesの「E2」

航続距離はバッテリーサイズによって異なります。ベーシックバージョンではフル充電で約200キロ走行できるのに対し、上級バージョンでは300キロの走行が可能だそう。フル充電には2~3時間必要となるそうです。

リアにハブレスホイールを採用した電動バイク、RMK Vehiclesの「E2」

2019年2月にヘルシンキで開催されるMP19モーターサイクルショーで量産バージョンが公開される予定。その後、出荷が開始されます。価格は2万4,990ユーロからとされています。