ガルウイングが付いた!-3輪ロードスター、Polaris Slingshotに「Grand Touring」モデル登場

3輪ロードスターで知られるPolarisから、「Slingshot」のGrand Touringモデルが発表された。ガルウイングが搭載されている。

3輪ロードスター、Polaris Slingshotに「Grand Touring」モデル登場
Polaris、「Slingshot」のGrand Touringモデルを発表

Slingshot」とは、フロント側から見れば四輪自動車に見えるが、リアに回れば1輪のみという乗り物。エンジンには2.4L DOHCが搭載され、クルマ同様の太いトルクを感じられるが、走行時に受ける風などはバイクに近いという、まったく新しい楽しさを味わえる一台だ。


3輪ロードスター、Polaris Slingshot SL
参考画像:Polaris Slingshot「SL」

今回発表された「Grand Touring」モデルは、スペック的には同社の販売している「SL」モデルとほぼ同じ。エンジンの最高出力173HPで、最大トルクは166 ft-lbのままだ。全幅1,980ミリ、全長3,800ミリ、ホイールベース2,667ミリというディメンションも変わらない。

Polaris、「Slingshot」のGrand Touringモデルを発表
今回発表された「Grand Touring」モデル
スペックやディメンションは「SL」モデルとほぼ同じ

3輪ロードスター、Polaris Slingshot SL
参考画像:Polaris Slingshot「SL」モデル
ある意味、「Grand Touring」のベースモデル?

だが、「Grand Touring」モデルにはその名称の表す通り、長距離ドライブに適した複数の機能が搭載されている。

3輪ロードスター、Polaris Slingshot SL
長距離ドライブも楽しめる

機能の一つ目は、「Slingshade」と呼ばれるルーフ。強い日差しを遮り、夏の暑い日のドライブを(少しだけ)快適にしてくれる。「Slingshade」にはガルウイングタイプのハーフドアが装備されており、以前のモデル同様の乗降性を維持した。

3輪ロードスター、Polaris Slingshot SL
強い日差しを遮るルーフ「Slingshade」装備
ガルウイングで乗降性を維持

シートはよりクッション性を高め、長時間の乗車に対応している。また、表面にはステッチを施し、上質感を高めた。

ガルウイングが付いた!-3輪ロードスター、Polaris Slingshotに「Grand Touring」モデル登場
長時間ドライブに対応したシート

インパネには7インチマルチタッチスクリーンを採用したGPSナビシステムを搭載。これも、従来のSlingshotの“走る楽しさを追求したマシン”から一歩抜け出し、実用的な移動の手段になるための装備だ。

ガルウイングが付いた!-3輪ロードスター、Polaris Slingshotに「Grand Touring」モデル登場
目的地を決めずに、ただ走るだけではもう許されない?

その他、ウインドディフレクターや、リアフェンダーも装備されている。

3輪ロードスター、Polaris Slingshot SL
快適装備も充実

米国での販売価格は2万9,499ドルから。

3輪ロードスター、Polaris Slingshot SL
普通のクルマにだいぶ近づいています