自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」-バックビューカメラ付き

「Lumzag」は、自転車通勤者にぴったりなバックパック。米国サンフランシスコに本拠を置くLumzagが開発した。自転車での走行に便利な機能と、ビジネスパーソン向けの機能が搭載されている。

自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」-バックビューカメラ付き
自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」

自転車での走行に便利な機能としては、「バックビューモニター」があげられる。これはバックパックに取り付けられたカメラが、装着車の背後を撮影。その様子をリアルタイムで専用スマートフォン画面に表示するというものだ。

自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」-バックビューカメラ付き
「バックビューモニター」搭載

例えば路肩にトラックなどが停車しており、それを避けて走る際、後続車両が気になる。だが、首を後ろに向けて後方確認すると、駐車していたクルマがドアを開けるなどしてサイクリストが危険に陥る可能性もある。そんなとき、この「バックビューモニター」で後ろを確認できれば、とても便利だ。

自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」-バックビューカメラ付き
GO!

ビジネスパーソンに便利な機能としては、忘れ物通知機能がある。これは、いつもバックパックに入れておくアイテムに専用のIDシールを貼っておけば、「Lumzag」を認識するというもの。いつも入れておくべきものが入ってないときには、利用者に専用アプリで「XXXを忘れていますよ」と通知してくれる。

自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」-バックビューカメラ付き
あ、キーを忘れた

その他、バッグ内の荷物を探しやすいライトや、モバイルバッテリー機能などが搭載された。また、別売りソーラーパネルを装着することも可能だ。

自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」-バックビューカメラ付き
バッグ内の荷物を探しやすいライト

自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」-バックビューカメラ付き
モバイルバッテリー機能

自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」-バックビューカメラ付き
別売りのソーラーパネル

Lumzagは現在、「Lumzag」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、269ドルの出資+送料で「Lumzag」バックパックを入手できる。出荷は2018年12月に予定されている。

自転車通勤者にぴったりなバックパック「Lumzag」-バックビューカメラ付き

気になるのは技適。「バックビューモニター」ではスマートフォンとの接続でBluetoothを使用するため技適の取得が必要となる。インターネットコムでは複数回にわたりLumzagに問い合わせているが、本稿執筆時までに回答を得ることはできなかった。Lumzagより連絡あり次第、本稿内でお知らせしたい。