三菱「アウトランダーPHEV」が大幅改良を受け、8月23日に販売開始された。「PHEVシステム」「S-AWC」が進化したほか、エクステリア、インテリアデザインが一部変更されている。

三菱、「アウトランダーPHEV」を大幅改良-EVらしさが際立つSUVに

「PHEVシステム」では、駆動用バッテリー容量を12.0kWhから13.8kWhに増大。また、最高出力を10%向上させた。さらにリヤモーター出力を約12%、ジェネレーター出力も約10%アップさせることで、EV走行の航続距離を60.8キロから65.0キロに伸長している。

エンジン排気量を従来の2.0Lから2.4Lに拡大し、高膨張比サイクル化することで、低回転域で効率のよい発電を可能とした。またエンジン発電時のエンジン回転数の低減や発電量を適正化し、さらにエアクリーナーやメインマフラーを改良してエンジンから発生する音を大幅に低減。モーター駆動ならではの滑らかでパワフルな加速や高い静粛性を一層向上させ、よりEVらしさが際立つSUVとなった。

「S-AWC」では、従来の4WDドライブモード「NORMAL」「LOCK」モードに加え、「SNOW」「SPORT」モードを追加した。「SNOW」モードでは、氷雪路のような滑りやすい路面での安定性とコントロール性を高めている。「SPORT」モードでは乾燥舗装路などでのスポーツドライビングをより楽しめるようアクセルレスポンスと旋回性を向上させた。

エクステリアでは、ラジエターグリル、LEDフォグランプベゼル、フロントスキッドプレート、リヤスキッドプレート、アルミホイールのデザインを変更。質感を向上させた。また、空力性能を向上させるリヤスポイラーを追加している。

インテリアでは、オーナメントパネルやハザードスイッチパネルのデザインを変更した。また、モーターとエンジンの出力状況が分かるようにパワーメーターの表示を変更し、機能性を向上させた。また、フロントシートのサイド形状を変更し、サポート部に硬さの異なるクッションを組み合わせることで、ホールド性を向上させている。

上級グレードではフロント・リヤシートとドアトリムにダイヤキルティング本革を採用。レーザーエッチングを施したオーナメントパネルと組み合わせることで、上級感を高めたインテリアとした(S Edition、G Premium Package)。

メーカー希望小売価格は、S Editionグレードで509万40円(消費税込み)。