インフィニティ、一人乗りの電動スピードスター「プロトタイプ10」

日産はペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018で、同社の海外向けブランドインフィニティのコンセプトカー「プロトタイプ10」を公開した。インフィニティが今後提供していく、電動パワートレインによる運転の楽しさと刺激的なパフォーマンスのビジョンを示す目的で開発された一人乗りの電動スピードスター。

インフィニティ、一人乗りの電動スピードスター「プロトタイプ10」

デザインは、ビンテージグランプリカーに着想を得たもの。これをクールで先鋭的なデザインに進化させた。インフィニティは2021年以降の全ての新型車に電動パワートレインの搭載を予定しているが、「プロトタイプ10」はそれら新型車デザインのヒントを示すものだ。

インフィニティ、一人乗りの電動スピードスター「プロトタイプ10」

インフィニティのエグゼクティブデザインディレクターであるカリム・ハビブ氏は「プロトタイプ10」について次のように語っている。

「『プロトタイプ10』は、シングルシーターの高出力レーシングカーが人気を集めた時代に最も刺激的とされたいくつかのモデルのレイアウトを参考にデザインした。このコンセプトカーは運転することが車の喜びの全てだった、おおらかな時代からインスピレーションを得ているが、フォルムや細部を含めたすべては電動化車両の未来のドライビングプレジャーとパフォーマンスの表現を提案している」

インフィニティ、一人乗りの電動スピードスター「プロトタイプ10」