メルセデス・ベンツは、「メルセデス AMG 53シリーズ」を発表し、9月6日に注文受付を開始した。ISG、AMG 4MATIC+、そして新型直列6気筒エンジンなどを採用している。

メルセデス AMG 53シリーズ発表

「ISG」はエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力16kW 、最大トルク250Nmを発生するモーター。オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。このモーターと「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と、力強い加速を実現している。

スターターが従来より高出力なモーターとなることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタート時およびアイドリングストップ後の再スタート時の快適性が向上した。

このモーターはシフトチェンジ時にも使用され、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストも行う。これにより、シフトチェンジに必要な時間が短縮され、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを実現する。

メルセデス AMG 53シリーズ発表

「AMG 4MATIC+」は、メルセデスAMGが開発した新しい四輪駆動システム。前50:後50から、前0:後100の範囲でトルク配分を変更し、パワーを四輪へ最適に伝達する。発進時はもちろん、高速走行、ハイスピードコーナリング、そしてコーナーの立ち上がり加速などにおいて安定性を高める役割を果たす。

メルセデス AMG 53シリーズ発表

新型直列6気筒エンジン「M256」を搭載。電化を前提にして設計された初めてのパワーユニットで、S 450に搭載されるエンジンに大型のターボを組み合わせたことで、単体で最高出力435PS(320kW)、最大トルク 520Nm を発生する(S 450 比 最高出力+68PS(50kW)、最大トルク+20Nm)。直列エンジンの採用によりエンジン左右のスペースに補器類を配置することが可能になった。また、従来はエンジン回転を動力源としていたエアコン、ウォーターポンプなどが電動化されたため、エンジン前部のベルト駆動装置が不要となり、よりコンパクトなエンジンとなっている。

メルセデス AMG 53シリーズ発表

メーカー希望小売価格は、「メルセデス AMG E 53 4MATIC+」が1,202万円、「メルセデス AMG E 53 4MATIC+ステーションワゴン」が1,239万円。「メルセデス AMG E 53 4MATIC+ クーペ」が1,213万円。「メルセデス AMG E 53 4MATIC+カブリオレ」が1,268万円。「メルセデス AMG CLS 53 4MATIC+」が1,274万円。

メルセデス AMG 53シリーズ発表

なお、納車はEクラスセダン及びステーションワゴンは9月、CLSは10月、Eクラスクーペ及びカブリオレは11月に予定されている。