三菱は、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を施し、9月6日に販売開始した。

三菱、「RVR」を一部改良

今回の改良では、予防安全技術「e-Assist」の衝突被害軽減ブレーキシステム、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームが全車標準装備とされた(「G」「ACTIVE GEAR」では従来から標準装備されている)。また、後側方車両検知警報システム、後退時車両検知警報システムが全車にメーカーオプションとして設定された。

三菱、「RVR」を一部改良

メーカー希望小売価格は、「G」グレードで254万1,240円。

三菱はまた、昨年10月に発売した特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を継続販売すると発表した。メーカー希望小売価格はスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を装着した4WD車で275万7,240円。

三菱、「RVR」を一部改良