プジョー・ジャンゴシリーズに、「ジャンゴ125ヘリテイジ・ボルドーエディション」が設定され、10月6日に販売開始される。

ジャンゴ125ヘリテイジ・ボルドーエディション

プジョー・ジャンゴシリーズは、1953年に発売されたプジョー初のスクーター「S55」の復刻版ネオレトロスクーター。空冷125ccエンジンを搭載し、スタイルはクラシカルなものではあるが、LEDテールランプや12V電源など現代的な装備も搭載している。シートは前後セパレートタイプ。シート下の収納と合わせ、タンデムでの小旅行もこなせる。

今回新設定された「ジャンゴ125ヘリテイジ・ボルドーエディション」は、フラットミラーや前後連動ブレーキ(Synchro Braking Concept:SBC)を採用した「ヘリテイジ」がベースモデル。これに、次の2つの特別装備が施された。

プジョー・ジャンゴシリーズ
参考画像:ジャンゴ 125ヘリテイジ

■ボルドーエディション特別装備

◆フロントキャリア
「S55」のフロントラゲッジ部をイメージした、クロームメッキ仕上げのキャリア。ドレスアップ効果だけでなく、小さなバッグを取り付けるなど、実用性も併せ持っている。

「S55」のフロントラゲッジ部をイメージした、クロームメッキ仕上げのキャリア
ボルドーエディション特別装備「フロントキャリア」

◆ボルドーレッド・シート
ワインの名産地「ボルドー」の赤ワインをイメージした、専用カラーのシート。車体全体の印象を華やかにしている。アクセントとして、ホワイトのダブルステッチが配された。

「S55」のフロントラゲッジ部をイメージした、クロームメッキ仕上げのキャリア
ボルドーエディション特別装備「ボルドーレッド・シート」

メーカー希望価格は35万9,640円。