自転車用ウィンカー「WingLights」に、ポジションランプの役割をプラスした「WingLights360」

自転車用のウィンカー(方向指示器)「WingLights(ウィングライツ)」シリーズに、ポジションランプの役割をプラスした「WingLights360」が追加された。右左折時の安全性に加え、夜間走行時の視認性を高めてくれる。

自転車用ウィンカー「WingLights」に、ポジションランプの役割をプラスした「WingLights360」
自転車用ウィンカー「WingLights」シリーズに
ポジションランプの役割をプラスした「WingLights360」

「WingLights」シリーズとは、ハンドルの両端に取り付けるタイプの自転車用ウィンカー。本体を軽くタップするだけで点滅するので、簡単かつ安全に操作できる。夜間など、手信号が後続車からは見えにくい状況で特に便利だ。

自転車用ウィンカー「WingLights」
参考画像:自転車用ウィンカー「WingLights」

今回新規に開発された「WingLights360」では、常時点灯が可能となった。フロント側はホワイトで、リアではレッドに点灯し、クルマのポジションランプのような役割を果たす。クルマのドライバーから見れば、その車幅から走行しているのが自転車であることを、より容易に判断可能となる。メインの自転車用ライトと合わせて使用すれば、夜間視認性を高めることが可能だ。

自転車用ウィンカー「WingLights」
街灯の無い場所では、ライトで車幅を示すことで、
自転車だと認識されやすくなる

一般的な自転車用ライト同様、簡単に取り外し、盗難を防ぐことが可能だ。取り外したライトはマグネットでくっつけて持ち運べるので、「片方だけ、なくした!」という哀しい事態を防げる。

自転車用ウィンカー「WingLights」に、ポジションランプの役割をプラスした「WingLights360」
持ち運ぶときにはくっつけて

充電はmicroUSBケーブル経由で行う。30分の充電で、約3時間の利用が可能だ。

自転車用ウィンカー「WingLights」
充電はmicroUSBケーブルで

開発・販売元であるCYCLは今回も「WingLights360」の世界的なプロモーションを兼ねて、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、48英ポンドの出資と5英ポンドの送料で「WingLights」を1個入手可能だ。発送は2018年11月に予定されている。

自転車用ウィンカー「WingLights」に、ポジションランプの役割をプラスした「WingLights360」