「Pocket Rocket」は、ユニークなデザインを持つ電動バイク。ドイツシュトゥットガルトに本拠を置くSol Motorsが開発した、通勤向けの乗り物です。

ノペッドと呼ばれるSol Motorsの電動バイク「Pocket Rocket」

軽量デザインとパフォーマンスの両立が際立つ一台。電動ならではのデザイン上の自由度の高さを最大限活かし、見たことのないデザインを実現しました。

ノペッドと呼ばれるSol Motorsの電動バイク「Pocket Rocket」

そのパフォーマンスは、これまでの2輪車カテゴリーに分類できないもの。電動アシスト自転車のように気楽に乗れますが、電動アシスト自転車とは認められないスピードで走れます。そのスピード感はモペッドに近いもの。でもペダルは装備されていないので、モ“ペッド”とは呼べません。Sol Motorsは「Pocket Rocket」を、「NOPED(No PEDal:ペダル無し)」とネーミング。2輪車での新しいカテゴリーを創造しようとしています。

ノペッドと呼ばれるSol Motorsの電動バイク「Pocket Rocket」
ペダルのない「NOPED(ノペッド)」というジャンルを創造

バリエーションは「Pocket Rocket」と「Pocket Rocket S」の2モデル。両者の違いは搭載されるモーターで、「Pocket Rocket」には6hp、「Pocket Rocket S」には8.5hpのモーターが搭載されます。「Pocket Rocket」の最高速度は時速50キロで、「Pocket Rocket S」は時速80キロ。1回の充電で走行できる距離は、走行モードによって異なりますが、50~80キロとなっています。

ノペッドと呼ばれるSol Motorsの電動バイク「Pocket Rocket」

少し前まで、欧州では、「通勤にはクルマを使うのが当然」という人が多数派でした。でも、最近の環境意識への高まりにより、わずかでも温室効果ガスの排出を削減するため、クルマをなるべく使わないで通勤する人が増えています。

そこで最も注目を集めたは自転車でした。でも、自転車で週に5日通勤をするのは、さすがにつらいという人も。加齢にによって、ひざや腰が痛い、という人もいますしね。かといってクルマに戻るのもちょっと…という人に、「Pocket Rocket」はぴったりはまるようです。

このシートに座ってツーリングは、あまり楽しくはなさそう。でも、通勤程度の距離なら気になりません。クルマで通勤して渋滞にはまったり、満員の電車に乗って気持ち的にもぐったりするよりは、ずっと楽そうです。

ノペッドと呼ばれるSol Motorsの電動バイク「Pocket Rocket」

価格は「Pocket Rocket」は5,200ユーロで、「Pocket Rocket S」が6,500ユーロになる見込み。日本での販売についてSol Motorsに問い合わせているのですが、残念ながら本稿掲載までに回答を得ることはできませんでした。