700台のクラシックカーとバイクがお台場を埋め尽くす旧車の祭典『お台場旧車天国2018』が、11月18日に開催される。

旧車の祭典『お台場旧車天国2018』11月18日開催 ― 700台のクラシックカーとバイクがお台場を埋め尽くす!

『お台場旧車天国2018』は、クラシックカーオーナーミーティングを中心とした旧車の総合イベント。会場では、貴重な絶版パーツ、古書、歴史資料などの展示即売が実施されるほか、子どもから大人まで楽しめるアトラクションも用意されている。

■お台場旧車天国2018 見どころ

◆天国エリアと地獄エリア
1985年以前に生産された「味のある貴重なクルマ」たちが勢揃いする天国エリアと1986年以降に生産された「珍しい」「マニアックすぎる」車両が集まる地獄エリア。どちらのエリアでも、貴重な国産・輸入クラシックモデルをたっぷり堪能できる。

旧車の祭典『お台場旧車天国2018』11月18日開催 ― 700台のクラシックカーとバイクがお台場を埋め尽くす!

◆マニアック天国
2018年のテーマは、原「天」回帰。“日本初”“世界初”を謳うクルマが展示される。例えば、“自動車産業史上初”のアセンブリーライン利用による大量生産に成功した車両「オールドモビル・カーブドダッシュ」や、“日本で初めて”軽自動車規格の四輪車を製造したメーカーの超希少車「オートサンダル」が2台(前期&中期)登場する。

その他、軽量&省資源を目指した超軽量車の祖「フライングフェザー」、日本初のFRP製軽三輪車「フジキャビン」、軽三輪第1号「ホープスター」といった、初代・初期型車両が目白押し。さらに、飛行機型のモーターサイクル「パルス」等40台が集結する。

旧車の祭典『お台場旧車天国2018』11月18日開催 ― 700台のクラシックカーとバイクがお台場を埋め尽くす!

◆スバル天国
スバル『360』が発表される前の1954年に既に試作されていた、最初に“すばる”を名乗っていたというSUBARU車の原点、幻の名車「P-1」が登場する。さらに、スバル360誕生60周年を記念して貴重な歴代モデル30台が一堂に大集結する。

旧車の祭典『お台場旧車天国2018』11月18日開催 ― 700台のクラシックカーとバイクがお台場を埋め尽くす!

◆試乗体験天国
家族で楽しめるボンネットバスへの試乗が今年も登場。その他、アイジュ社の乗用ラジコンカー&バイク体験、ラジコン機関車乗車体験、トヨタハイエースロングをベースにした犬バス試乗なども。

旧車の祭典『お台場旧車天国2018』11月18日開催 ― 700台のクラシックカーとバイクがお台場を埋め尽くす!

◆お買い物天国
カー用品、バイク用品、アクセサリー、部品、ケミカル、絶版パーツ、ミニカー、ステッカー、雑誌、カタログなど、買い物を存分に楽しめる。

旧車の祭典『お台場旧車天国2018』11月18日開催 ― 700台のクラシックカーとバイクがお台場を埋め尽くす!

■お台場旧車天国2018 開催概要

開催日:2018年11月18日
開催時間:9時30分から15時30分まで(雨天決行)
会場:臨海副都心青海地区お台場特設会場
入場料:当日券 一般(中学生以上)1,500円(前売券は1,200円)、小学生以下は無料