ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company:HACI)は「HondaJet APMGパフォーマンスパッケージ」を10月15日に発売した。

このパフォーマンスパッケージは、従来モデルHondaJetの購入後に、その性能を向上させる商品。HondaJet所有者の利便性を高め、移動の可能性をこれまで以上に広げることを目指す。

HondaJetの性能を向上させる「HondaJet APMGパフォーマンスパッケージ」発売
「HondaJet APMGパフォーマンスパッケージ」を適用したHondaJet

■主な性能向上内容

・機体の空力性能の改善によって空気抵抗を低減し、最大離陸重量を1万600ポンド(4,808kg)から1万700ポンド(4,854kg)へと増加
・航続距離を平均100~120ノーティカルマイル(185~222km)延長
・ペイロードを100ポンド(45kg)増加
・主翼、水平尾翼の空力性能改善により、離陸距離を3,934フィート(1,199m)から3,491フィート(1,064m)へ短縮 アクセス可能な空港数を増加
・Garmin G3000アビオニクスのソフトウェアをアップデートし、機体の操縦性や安全性のさらなる強化を目指す

またHACIは、インド民間航空局から2018年9月に小型ビジネスジェット機「HondaJet」と最新型「HondaJet Elite」の型式証明を取得したと発表した。インドでの型式証明取得はアジア圏で初。米国、欧州、メキシコ、カナダ、ブラジル、アルゼンチン、パナマに続いて8か国目となる。現在は中国と日本での型式証明の申請を行っており、適用国の拡大を進めているという。

HondaJet アジア圏で初の型式証明を取得
インドの型式証明を取得したHACIメンバー