メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表

メルセデス・ベンツ 新型「Aクラス」の注文受付が10月18日に開始された。対話型インフォテインメントシステム「MBUX」が搭載されている。エクステリア/インテリアには、メルセデスの最新デザインが取り入れられた。

メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表

新開発の対話型インフォテインメントシステム「メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス(Mercedes-Benz User Experience:MBUX)」が搭載されており、インフォテインメント機能(目的地入力や音楽選択など)に加え、各種ヒーターや照明などの、音声でのコントロールを可能としている。このボイスコントロールは、「ハイ メルセデス!」をキーワードに起動する。

メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表

従来の音声認識機能では命令語が決まっていて、ユーザーがそのとおりに発話する必要があった。これに対してMBUXには自然言語認識機能が搭載されており、遠まわしな表現にも対応できるという。例えば車内の温度を下げたい場合、「温度24度」という明確な命令でなくても、「暑い」と言えば理解できるとしている。

エクステリアは、メルセデス・ベンツのデザイン思想「Sensual Purity(官能的純粋性)」をさらに一歩進めたもの。コンパクトな2ボックスデザインをベースに、サイズやプロポーションが最適化されている。

フロントデザインは、低いボンネットとフラットなLEDヘッドライトなどで魅力的な造形を形成している。スリーポインテッドスターを配したフロントグリルは末広がりのデザイン。ダイヤモンドグリルとシルバーのルーバーを走らせることで、Aクラスのスポーティな印象を強調した。

メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表

サイドビューは、先代モデルより伸長したホイールベースとキャラクターラインによって全長を長く見せている。

メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表

リヤエンドはこれはショルダー部を強調しグリーンハウス下のくびれを大きく、モジュール型2分割リアバンパー内蔵のリフレクターの間隔を広くしたことで、幅が広がった印象を与えるものとした。

メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表

インテリアでは、ダッシュボードのデザインが最大の特徴。インストゥルメントクラスター上方のカウルが廃止された。その結果、ダッシュボード本体は、一方のフロントドアから反対側のフロントドアまで、途切れなく続くデザインとなった。

メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表

ダッシュボードの下部分は、ダッシュボード本体から「溝」によって視覚的に分離され、ダッシュボードの手前に浮いているかのように見える。アンビエントライトもこの効果を高めている。

メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表

利便性も向上。ショルダールーム、エルボールーム、ヘッドルームが拡大されるとともに、後席への乗降性が向上した。

メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表

ラゲッジルームも拡大され、先代モデルよりも29L大きい370Lへと拡大された。リアコンビネーションランプが2分割構造となったことでテールゲートの開口部がこれまでより20センチ広くなったほか、ラゲッジルームフロアの長さも11.5センチ拡大している。

メーカー希望小売価格は、A 180が322万円で、A 180 Styleが362万円。納車は12月以降の予定。

メルセデス・ベンツ新型「A クラス」発表