LEXUS、新型「ES」を発売

LEXUSの新型「ES」が10月24日に販売開始された。量産車として世界初採用のデジタルアウターミラーが搭載されている。

LEXUS、新型「ES」を発売
LEXUSの新型「ES」販売開始

「ES」は1989年に、LEXUS最初のラインアップとして誕生したモデルのひとつ。7代目となる新型「ES」で初めて、日本市場に導入されることとなった。

新型「ES」では、量産車として世界で初めて、デジタルアウターミラーが採用された。フロントドアに取り付けられたカメラの映像を、室内の5インチディスプレイで見る仕組みで、雨滴が付着しにくい形状のカメラを装備したことで、天候の影響を受けにくい優れた視認性を確保した。ディスプレイを室内に設置したことも、視認性の高さに貢献している。

LEXUS、新型「ES」を発売
雨滴が付着しにくい形状のカメラを装備

LEXUS、新型「ES」を発売
雨滴でウィンドウの外が見えにくい時でも
優れた視認性を確保

また、ミラーが小型カメラに置き換わったことで、斜め前方の見通しが良好になった。風切音も低減され、静粛性の向上を実現している。

LEXUS、新型「ES」を発売
風切音も低減された

エクステリアでは、ワイド&ローのプロポーションを実現。フロントピラーの後方配置や、リヤピラーの傾斜で、引き締まったキャビンシルエットを創出した。

LEXUS、新型「ES」を発売
フロントピラーの後方配置やリヤピラーの傾斜で
引き締まったキャビンシルエットを創出

スピンドルグリルは、鋭利に折り返すフレームと縦フィン形状のグリルメッシュを組み合わせ、シャープなノーズを強調する形状とした。さらに小型の3眼LEDヘッドランプで、鋭い表情を生み出している。

LEXUS、新型「ES」を発売
フロントは鋭い表情に

リヤでは、3つのL字を層状に重ねたデザインを持つリヤコンビネーションランプを装備。ひと目でLEXUSとわかる造形とした。

LEXUS、新型「ES」を発売
ひと目でLEXUSとわかるリアコンビネーションランプ

ボディカラーには、「アイスエクリュマイカメタリック」「サンライトグリーンマイカメタリック」といった新規開発色を含め、多彩なバリエーションが設定されている。

LEXUS新型「ES」新規開発色「サンライトグリーンマイカメタリック」
新規開発色「サンライトグリーンマイカメタリック」

インテリアでは、ドライビングの高揚感を高めるコクピットと、乗客がくつろげるゆとりある空間の融合を目指した。

LEXUS、新型「ES」を発売
ドライビングの高揚感を高めるコクピットと
乗客がくつろげる空間の融合を目指したインテリア

フロントシートは上下2分割構成デザインにより、センターコンソールやアームレストとの連続感が与えられた。シートはまた、ステアリング操作がしやすいショルダー形状とされている。

LEXUS、新型「ES」を発売
フロントシートは、上下2分割構成デザイン

ディスプレイやスイッチ類は、操作時の姿勢変化や視点移動が少ない位置に設定。運転に集中できる空間を創出した。

LEXUS、新型「ES」を発売
ディスプレイやスイッチ類は、姿勢変化や視点移動が少ない位置に設定

リアシートは、広い足元の空間による開放感と、包み込まれるような安心感を両立している。

 LEXUS、新型「ES」を発売リアシート
足元の広い後席

新世代ハイブリッドシステムを搭載。2.5L直列4気筒エンジンは、吸気効率の向上や燃焼室内の気流強化による高速燃焼で、世界トップレベルの熱効率を実現。JC08モード燃費で23.4km/Lの優れた燃費性能を達成した。

LEXUS、新型「ES」を発売
2.5L直列4気筒エンジン

また、新型のトランスアクスルやPCUを採用し、ハイブリッドの持ち味である圧倒的な燃費性能はそのままに、ダイレクトな加速フィーリングを実現した。ハイブリッドバッテリーは小型化されリヤシート下に配置され、軽量化、低重心化、そして荷室容量の拡大を実現した。

LEXUS、新型「ES」を発売
ダイレクトな加速フィーリング

LEXUS、新型「ES」を発売
バッテリーがリヤシート下に配置されたことで、荷室容量も拡大

メーカー希望小売価格は標準仕様の「ES300h」が580万円。“version L”が698万円で、“F SPORT”が629万円。

LEXUS、新型「ES」を発売