トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC」「Scrambler 1200 XE」が発表された。日本導入時期、メーカー希望小売価格については未定。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC」(画像左)「Scrambler 1200 XE」(画像右)

「Scrambler 1200 XC」は、オンロード/オフロードの両方に対応するデュアルパーパスモデル。一方、「Scrambler 1200 XE」は、過酷なオフロードも走破する、最上位のスペックが与えられたモデルだ。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
オンにも対応するデュアルパーパスモデル「Scrambler 1200 XC」

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
ダートも走れる「Scrambler 1200 XE」

搭載される2気筒1,200ccエンジンは、Scrambler専用チューニング。最高出力90PS、最大トルク110Nmを発生する。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
Scrambler専用チューニングの2気筒1,200ccエンジン

両モデルには、オーリンズ製のアジャスタブル・ロングトラベルリアサスペンションが装備された。トラベル量はデュアルパーパスの「XC」で200ミリ、オフロード向けの「XE」では250ミリに設定されている。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
オーリンズ製のアジャスタブル・ロングトラベルリアサスペンション

フロントにはShowa製フルアジャスタブルUSDフォークが採用された。トラベル量は「XC」で200ミリ、「XE」では250ミリ。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
Showa製フルアジャスタブルUSDフォーク

その他、クラストップレベルの制動性能を誇るBrembo製M50ラジアルモノブロックツインフロントキャリパーなどが装備されている。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
Brembo製キャリパー

デザインは、“進化したスクランブラー”を体現したもの。アップライトなライディングポジション、2本出しのアップマフラーとベンチシートが、往年の名車のDNAを踏襲しつつも、新世代のスクランブラーであることを印象付けている。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
2本出しのアップマフラーとベンチシート

カラーバリエーションは、「XC」が「ジェットブラック×マットブラック」「カーキグリーン×ブルックランズグリーン」。「XE」が「フュージョンホワイト×ブルックランズグリーン」「コバルトブルー×ジェットブラック」。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
Scrambler 1200 XC「ジェットブラック×マットブラック」

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
Scrambler 1200 XC「カーキグリーン×ブルックランズグリーン」

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
Scrambler 1200 XE「フュージョンホワイト×ブルックランズグリーン」

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
Scrambler 1200 XE「コバルトブルー×ジェットブラック」

1960年代のスクランブラーと同じく、ライダーの好みに合わせたカスタマイズが可能だ。トライアンフは購入者によるカスタマイズのヒントとなる、インスピレーションキットを設定。「Escape」キットと「Extreme」キットが用意されており、このうち「Escape」キットは、ラゲッジなどツーリングに役立つアイテムが揃っている。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
「Escape」キット

一方、オフロードスタイルにフォーカスした「Extreme」キットでは、ハイレベルマッドガードを含め、オフロード走行に特化したアイテムがそろえられた。

トライアンフの新型「Scrambler 1200 XC/XE」発表
「Extreme」キット

「Scrambler 1200 XC/XE」について詳細は、トライアンフの公式Webサイトを参照されたい。