トヨタは燃料電池自動車「MIRAI」を一部改良し、10月30日に販売開始した。

トヨタ、「MIRAI」を一部改良 ― 昼間の自転車も検知する「プリクラッシュセーフティ」機能も
トヨタ「MIRAI」、一部改良

今回の改良では、“ぶつからない”をサポートする予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備とした。同パッケージ中の「プリクラッシュセーフティ」では、昼間はもちろん夜間の歩行者、そして昼間の自転車運転者を検知。警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせる。ドライバーがブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートする。

トヨタ、「MIRAI」を一部改良 ― 昼間の自転車も検知する「プリクラッシュセーフティ」機能も
昼間の自転車運転者を検知する「プリクラッシュセーフティ」

また、道路標識を認識する「ロードサインアシスト」機能、先行車の発進をブザーとディスプレイ表示で知らせる「先行車発進告知」機能も追加された。

トヨタ、「MIRAI」を一部改良 ― 昼間の自転車も検知する「プリクラッシュセーフティ」機能も
道路標識を認識する「ロードサインアシスト」機能

トヨタ、「MIRAI」を一部改良 ― 昼間の自転車も検知する「プリクラッシュセーフティ」機能も
先行車の発進をブザーとディスプレイ表示で知らせる「先行車発進告知」機能

その他の予防安全機能では、ブレーキの踏み間違いなどで発生する衝突被害の軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)」も標準装備。安全機能を強化した。

トヨタ、「MIRAI」を一部改良 ― 昼間の自転車も検知する「プリクラッシュセーフティ」機能も
「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)」

メーカー希望小売価格は727万4,880円(消費税込み)。