フォルクスワーゲンのアート展「The Beetle Graffiti」が11月1日から開催される。「The Beetle」の巨大グラフィックアートを楽しめる。

フォルクスワーゲン「The Beetle」のアート展「The Beetle Graffiti」開催
「The Beetle」のアート展「The Beetle Graffiti」開催

今回のアート展は、2019年に販売終了となる「The Beetle」のファンに対し、感謝の意を示す「See You The Beetle」プロジェクトの一貫として開催されるもの。The Beetleは1960年代にアメリカ西海岸で大流行したが、同時代に西海岸で発達したグラフィティアートを展示することで、西海岸の雰囲気を日本のファンに伝えることを目指す。

展示されるのは、日本を代表するグラフィティーアート集団「SCAcrew」の巨大アート。The Beetleのファンだという彼らのThe Beetleに対するリスペクトから今回のコラボレーションが実現した。

フォルクスワーゲン「The Beetle」のアート展「The Beetle Graffiti」開催
Beetleをモチーフにした横12.6×高さ3.9mの作品が登場(画像は制作中の模様)

「SCAcrew」のPHiL氏、FATE氏は、今回展示されるアート作品について次のように述べている。

「以前からBeetleは好きな車だったので、今回のコラボのお話をいただいた時はとても嬉しかったです。作品のモチーフはBeetleの鍵を持って行っちゃったカブトムシを少年が追いかけるというもの。純粋な子供心を表現しました。あとは、感じるままに自由に鑑賞してもらえれば嬉しいです」

フォルクスワーゲン「The Beetle」のアート展「The Beetle Graffiti」開催
巨大アート作品の一部
カブトムシを少年が追いかけている

■展示会概要

開催日:2018年11月1日から28日まで
開催時間:11時から23時
開催場所:新虎通りCORE 1階「THE CORE KITCHEN/SPACE」
東京都港区新橋4丁目1−1
新虎通りCORE
住所:東京都港区新橋4丁目1−1