メカの露出を最大限に ― ホンダ「CB650R」2019年モデル、EICMA2018で世界初公開

ホンダはミドルクラスの「CB650R」2019年モデルをEICMA2018で世界初公開する。

メカの露出を最大限に ― ホンダ「CB650R」2019年モデル、EICMA2018で世界初公開
ミドルクラスのホンダ「CB650R」2019年モデル

ホンダが2018年にリリースした一連の「ネオ・スポーツ・カフェ」モデル(「CB1000R」「CB300R」「CB125R」)のスタイルを、ミドルクラスにも導入する一台。外観は「CB1000R」同様、“外装は最小限に、メカの露出は最大限に”としている。

メカの露出を最大限に ― ホンダ「CB650R」2019年モデル、EICMA2018で世界初公開
“外装は最小限に、メカの露出は最大限に”

なかでも、光沢のあるブロンズのエンジンカバーは、「CB650R」デザインの中心的存在とされた。

メカの露出を最大限に ― ホンダ「CB650R」2019年モデル、EICMA2018で世界初公開
光沢のあるブロンズのエンジンカバー「CB650R」の特徴

「CB650R」はまた、「CB1000R」から丸形LEDヘッドライトやLCDディスプレイパネルも受け継いでいる。

メカの露出を最大限に ― ホンダ「CB650R」2019年モデル、EICMA2018で世界初公開
「CB1000R」から受け継いだ丸形LEDヘッドライト

メカの露出を最大限に ― ホンダ「CB650R」2019年モデル、EICMA2018で世界初公開
LCDディスプレイパネル

649cc水冷DOHC直列4気筒エンジンは、最高出力70kW、最大トルク64Nmを発生(欧州仕様車)。より力強い出力特性とされた。また、クラッチレバーの操作荷重を低減する「アシストスリッパークラッチ」、後輪のスリップや前輪の浮き上がりを緩和する「Hondaセレクタブルトルクコントロール」を採用。操る楽しさと上質なライディングフィールをバイクライダーに提供する。

メカの露出を最大限に ― ホンダ「CB650R」2019年モデル、EICMA2018で世界初公開
操る楽しさと上質なライディングフィールをバイクライダーに

欧州でのカラーバリエーションは「Graphite Black」「Candy Chromosphere Red」「Matt Crypton Silver Metallic」「Matt Jeans Blue Metallic」の4色設定とされた。

「CB650R」は日本でも販売される予定。

メカの露出を最大限に ― ホンダ「CB650R」2019年モデル、EICMA2018で世界初公開