Uralが電動バイクのプロトタイプを発表

Ural Motorcyclesは、タフなオフロード向けサイドカーを開発するメーカー。そのUral Motorcyclesが、サイドカー付き電動バイクのプロトタイプを発表しました。

Uralが電動バイクのプロトタイプを発表
Ural Motorcyclesが発表したサイドカー付き電動バイク

プロトタイプのベースとなったのは、Ural Motorcyclesの「CT」。このマシンに対し、Zero Motorcyclesによる電動ユニット(モーター、バッテリーパック、コントローラーなど)が装着されています。

UralガソリンバイクCT
参考画像:プロトタイプのベースとなったUralによるガソリンバイク「CT」

Uralが電動バイクのプロトタイプを発表
今回発表されたプロトタイプ
エンジンがモーターで置き換わっています

電動化されたことで、バイクライダーには多くのメリットが生まれました。クラッチやシフトペダルなどの操作が不要となり、「スロットルを開く」「ハンドルを切る」だけが操縦に必要な操作に。サイドカー付きマシンは2輪より安定性が高いこともあり、Ural Motorcyclesによればこのプロトタイプは、「ほとんど、クルマのように」利用できるのだとか。

Uralが電動バイクのプロトタイプを発表
確かに、安定性は高そう

電動化によってサイドカーに乗る人にもメリットがあります。「騒音がほとんどなく、静か」なうえに、「排気ガスの匂いがしない」ので、快適な移動ができるのだとか。

Uralが電動バイクのプロトタイプを発表
サイドカー搭乗者の視線から見たUralの電動バイク
モーターなので騒音に悩まされずにすむそうです

電動化にあたっては、開発者にもメリットが。サイドカー付きのバイクは一般的なバイクよりも、バッテリーを搭載する場所が多いのです。このプロトタイプでは、2つのバッテリーのうちひとつはサイドカーのシート下に装備されたそう。合計2つのバッテリーをフル充電すれば、最長165キロ走行できるそうです。

Uralが電動バイクのプロトタイプを発表
サイドカーは、バッテリーを搭載する場所が豊富

Uralが電動バイクのプロトタイプを発表
充電時はタンク(?)にコンセントをつなぎます

モーターは最高出力60hp(45kW)、最大トルク81 ft-lbs(110 Nm)を発生し、最高速度時速140キロ(推奨クルーズ速度時速105キロ)での走行を可能とします。 

Uralが電動バイクのプロトタイプを発表
決して早くはありませんが、実用上は十分

ときに“時代に取り残された”乗り物として語られるサイドカー付きバイク。でも電動化の波の中で、“クルマより軽く、2人が乗れ、それなりに長距離走れる移動手段”として復活するかもしれません。航続距離が問題となりがちな電動の乗り物の世界では、サイドカーの“バッテリー搭載場所が多い”という点は、2輪のバイクに対するアドバンテージとなりそうです。

Uralが電動バイクのプロトタイプを発表
サイドカーは買い物にも便利?