ホンダ「CRF1000L Africa Twin」シリーズのカラーバリエーションが変更され、12月14日に販売開始される。

ホンダ「CRF1000L Africa Twin」、カラバリ変更
ホンダ「CRF1000L Africa Twin」シリーズ、カラーバリエーション変更

「CRF1000L Africa Twin」シリーズは、ライディングモードセレクトや、Hondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備した大型アドベンチャーモデル。「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」を装備したモデルや、24Lの大型フューエルタンクや大型のスキッドプレートを採用し、アドベンチャーモデルとしての装備を充実させた「Adventure Sports」もタイプ設定されている。

今回のカラーバリエーション変更では、「CRF1000L Africa Twin」には「グリントウェーブブルーメタリック」を主体色としたトリコロールを新採用。従来色の「グランプリレッド」と「マットバリスティックブラックメタリック」を合わせ、全3色のカラーバリエーションとした。

ホンダ「CRF1000L Africa Twin」、カラバリ変更
「CRF1000L Africa Twin」の新色
「グリントウェーブブルーメタリック」を主体色としたトリコロール

「グランプリレッド」では従来色を継続しつつ、新たなカラーストライプを採用した。

ホンダ「CRF1000L Africa Twin」、カラバリ変更
新たなカラーストライプが採用された「グランプリレッド」

「マットバリスティックブラックメタリック」ではホイールカラーがゴールドに変更され、より華やかな印象を与えている。

ホンダ「CRF1000L Africa Twin」、カラバリ変更
ホイールカラーがゴールドに変更され、より華やかな印象になった
「マットバリスティックブラックメタリック」

「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」には、従来色の「パールグレアホワイト」を継続採用している。

ホンダ「CRF1000L Africa Twin」、カラバリ変更
「Adventure Sports」に継続採用された「パールグレアホワイト」

また、「CRF1000L Africa Twin」「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」の全タイプに、ETC2.0車載器を標準装備とした。

メーカー希望小売価格は、「CRF1000L Africa Twin」の「マットバリスティックブラックメタリックが138万6,720円で、「グリントウェーブブルーメタリック」「グランプリレッド」が141万9,120円。DCT搭載モデルでは「マットバリスティックブラックメタリック」が149万4,720円で、「グリントウェーブブルーメタリック」「グランプリレッド」が152万7,120円。「Adventure Sports」は155万6,280円で、DCT搭載モデルは166万4,280円。

ホンダ「CRF1000L Africa Twin」、カラバリ変更
Adventure Sports のDCT搭載モデル