BMW 新型「R 1250 GS/RT」発売

BMW 新型「R 1250 GS」「R 1250 RT」が、12月22日に販売開始される。最高出力100kW(136PS)、最大トルク143Nmを発揮する新しいボクサー・エンジンを搭載している。

BMW 新型「R 1250 GS/RT」発売
BMW 新型「R 1250 GS」(画像左)「R 1250 RT」(画像右)販売開始

新しいボクサー・エンジンは、BMW ShiftCam(シフトカム)テクノロジーをBMWの量産二輪車として初めて採用。これにより、エンジン内の吸気バルブのタイミングと吸気量を可変制御することが可能になり、より効率的に駆動力を発生させることが可能となった。

BMW 新型「R 1250 GS/RT」発売
BMWシフトカムテクノロジーを搭載したボクサー・エンジン

2つのインテーク・カムシャフトは、意図的にタイミングをずらして作動するように設計され、空気が燃料を伴って渦状に混ざり合いながら流入することで、燃焼効率が向上している。

その他、カムシャフト駆動のサイレント・チェーンへの変更、オイル供給システムの最適化など、多くの点で改良が施され、幅広い回転域での安定した駆動力と、官能的なサウンドを実現した。

BMW「R 1250 GS」「R 1250 RT」販売開始
安定した駆動力と、官能的なサウンドを実現

装備面では、「GS」では「Rain」「Road」「Dynamic」「Enduro」の4つの走行モードが、「RT」では「Rain」「Road」「Dynamic」の3つの走行モードが標準装備されている。

BMW 新型「R 1250 GS/RT」発売―
「GS」では「Enduro」含む4つの走行モード装備

トラクションを最適化して高い走行安全性を確保するダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)、快適で安全な坂道発進を実現するヒル・スタート・コントロール(HSC)も、両モデルに標準装備された。

BMW 新型「R 1250 GS/RT」発売
両モデルともDTC、HSCを標準装備

「GS」では、速度や回転数、ナビ、電話、メディアや、その他車両情報などが表示される6.5インチTFTカラーディスプレイを装備。このディスプレイは、トンネルや暗闇を走行中は明るさや色が鮮やかになる自動調整機能が採用されており、強い日差しの中でも情報が読み取りやすくなっている。

BMW 新型「R 1250 GS/RT」発売
6.5インチTFTカラーディスプレイ装備

メーカー希望小売価格は、「BMW R 1250 GS」が251万円、「BMW R 1250 RT」が284万9,000円。

■主な特徴

・吸気バルブのタイミングとリフト量を可変制御するBMW ShiftCam(シフトカム)テクノロジーを搭載した改良型の水冷ボクサー・エンジン
・全エンジン回転域にわたりパワーを増強、燃費および排出ガスを最適化、滑らかな作動とパフォーマンスを改善
・出力およびトルクの増大:最高出力100 kW(136 ps)/7,750 rpm、最大トルク143 Nm/6,250 rpmを発生
・排気量を1,254ccにアップ
・吸気バルブの開動作の非同期化で吸入するフレッシュ・エアの渦(スワール)を強化し、燃焼効率を向上
・カムシャフト駆動用にサイレント・チェーン(従来はローラー・チェーン)を採用
・オイル供給システムとピストンスカート部の冷却を最適化
・燃料品質がそろわない地域を旅するときに最適なノッキング・センサー
・最新世代のエンジン・マネジメントBMS-Oを導入し、より効率的な混合気生成のためにツイン・ジェット・インジェクターを採用
・最適な出力特性を実現する新型エグゾースト・システム
・R 1250 RTに新たにフロント・スポイラーを追加
・R 1250 GSにLEDヘッドライトを標準装備
・コネクティビティ: GSに6.5インチ大画面フルカラーTFTディスプレイ付きマルチファンクション・メーター・パネル装備