本屋みたいなホステル「BOOK AND BED TOKYO」の6店舗目となる「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」が12月13日にオープンする。併設されるカフェ「by BOOK AND BED TOKYO」は、12月8日にオープン。

溢れるブラックフルーツサンド
「by BOOK AND BED TOKYO」心斎橋店限定フード「溢れるブラックフルーツサンド」

「BOOK AND BED TOKYO」のコンセプトは、「泊まれる本屋」。書籍の販売はされていないが、本屋さんのように書棚に囲まれた部屋に宿泊できる。本棚の中に埋め込まれたベッドが用意されており、ここでは本棚の中で眠る体験も可能だ。


泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋」の併設カフェ「by BOOK AND BED TOKYO」、12月8日オープン
本棚の中で寝落ちできる

今回オープンする心斎橋店には、カフェ「by BOOK AND BED TOKYO」を併設。黒をテーマカラーにした「ブラックラテ」「ブラックコーヒーゼリーミルク」などのレギュラーメニューを提供する。また、京都・裏寺町で人気のサワー専門店「sour」と共同開発した「溢れるブラックフルーツサンド」など、心斎橋店限定のフードも提供する。

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋」の併設カフェ「by BOOK AND BED TOKYO」、12月8日オープン
黒をテーマカラーにしたレギュラーメニュー

提供するコーヒーでは「Coffee Supreme」の豆を使用。11時から20時までの営業で、宿泊者以外の利用や、テイクアウトも受け付ける。

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋」の併設カフェ「by BOOK AND BED TOKYO」、12月8日オープン
宿泊客以外でも利用可能

BOOK AND BED TOKYOの空間を、宿泊せずに気軽に楽しめる「デイタイムプラン」も提供。こちらは12月14日から利用開始となる。営業時間は13時から20時まで。

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋」の併設カフェ「by BOOK AND BED TOKYO」、12月8日オープン

■BOOK AND BED TOKYO 心斎橋 概要
所在地:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 ウナギダニスクエア 3階
チェックイン:16時から23時まで
チェックアウト:翌11時まで
BOOK AND BED TOKYO 心斎橋
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11
口コミ ランキング:心斎橋駅