ホンダ「N-VAN(エヌバン)」がオートカラーアウォード2018でグランプリを受賞した。受賞対象となったカラーデザインはエクステリアが「ガーデングリーン・メタリック」で、インテリアが「ブラック」。

「N-VAN」がオートカラーアウォード2018「グランプリ」を受賞
グランプリを受賞したカラーデザイン「ガーデングリーン・メタリック」(エクステリア)

オートカラーアウォードとは、クルマのカラーデザインを審査し、優れたデザインを顕彰するもの。「N-VAN(エヌバン)」のグリーンは、シェアする時代にふさわしいカラーリングとしてグランプリを受賞した。

「N-VAN」がオートカラーアウォード2018「グランプリ」を受賞
グランプリを受賞したカラーデザイン「ブラック」(インテリア)

オートカラーアウォードを主催する日本流行色協会のWebサイトでは、受賞理由を次のように説明している。

「これからのモビリティは個人が愛着を持って所有するものと、他と「シェア」して共有するものとの二つの方向がある。今回N-VANが展開したグリーンは、まさに後者で、多様なシチュエーション、また性別、年齢などに関係なく幅広いユーザーにマッチする、新しい「ニュートラルカラー」と言える」

「N-VAN」がオートカラーアウォード2018「グランプリ」を受賞
「N-VAN」のデザインを担当した石田憲行さん(中央)

「N-VAN」は商用、業務用で使用される“軽バン”のカテゴリーに属するクルマ。だが家族でアウトドアを楽しむ際に利用する人も多い。また、友人の引っ越しや家具の購入といったシーンでもその広い荷室空間が活用され、“シェア”されている。