スズキ「アルト」シリーズマイチェン―「アルト ワークス」には新色「ブリスクブルーメタリック」

スズキ「アルト」「アルト ワークス」が一部仕様変更を受け、12月13日に販売開始された。

スズキ「アルト」シリーズマイチェン―「アルト ワークス」には新色「ブリスクブルーメタリック」
スズキ「アルト」「アルト ワークス」マイチェン
(画像は「アルト」)

「アルト」のインテリアでは、シート表皮色に「ネイビー」を、インパネやドアトリムガーニッシュ色に「グレージュ」を採用。落ち着いた室内空間に仕上げた。

スズキ「アルト」シリーズマイチェン―「アルト ワークス」には新色「ブリスクブルーメタリック」
「アルト」インテリア

スズキ「アルト」シリーズマイチェン―「アルト ワークス」には新色「ブリスクブルーメタリック」
「アルト」インパネ

エクステリアでは、ディスチャージヘッドランプがメーカーオプション設定されている。

スズキ「アルト」シリーズマイチェン―「アルト ワークス」には新色「ブリスクブルーメタリック」
「アルト」ディスチャージヘッドランプ

安全装備では、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用したほか、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」、車線逸脱警報機能やハイビームアシストなどを追加。「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させた。

スズキ「アルト」シリーズマイチェン―「アルト ワークス」には新色「ブリスクブルーメタリック」

「アルト ワークス」では、車体色に「ブリスクブルーメタリック」が新設定された。

スズキ「アルト」シリーズマイチェン―「アルト ワークス」には新色「ブリスクブルーメタリック」
「アルト ワークス」の新色「ブリスクブルーメタリック」

また、5AGS車に衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」などが標準装備されている。

■一部仕様変更の主な特長
◆予防安全技術の機能を充実
・単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用。誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを搭載し、安全装備を充実。

・リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後退時の衝突回避または被害軽減を図る「後退時ブレーキサポート」を採用。後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを搭載。

◆アルト
・シート表皮色に「ネイビー」を採用
・インパネ、及びドアトリムガーニッシュ色に「グレージュ」を採用

◆アルト ワークス
・車体色「ブリスクブルーメタリック」を新設定。

メーカー希望小売価格はアルトXの2WD車で117万1,800円。アルトワークス5AGSの2WD車で154万7,640円。