大井川鐵道は蒸気機関車の「きかんしゃトーマス号」を2019年も引き続き運行する。

蒸気機関車の「きかんしゃトーマス号」、2019年も運行します!

大井川鐵道とは、静岡県中部を流れる大井川に沿って金谷~千頭間を走る本線(39.5キロ)と千頭~井川間を走る井川線(25.5キロ)からなる鉄道。日本で唯一、ほぼ毎日SL列車を運行している。

トーマス号が運行を開始したのは2014年。その後2015年にはジェームス号、2016年にはバスのバーティーが加わった。

2019年は、6月頃よりトーマス号の運行をスタート。7月からはジェームス号の運行も開始される予定。運行の詳細については、大井川鐵道の公式Webサイトを参照されたい。

なお、大井川鐵道のある静岡県島田市は、東京、名古屋から新幹線でおよそ90分、自動車であれば新東名高速道路を通り、およそ120分の距離に立地している。