着せ替え可能なオープンカー、ダイハツ「コペン」にクーペタイプの「コペン クーペ」登場

ダイハツ「コペン」にクーペタイプの「コペン クーペ」が200台限定で登場。2019年1月11日から専用Webサイトで購入希望者の募集を開始する。

着せ替え可能なオープンカー、ダイハツ「コペン」にクーペタイプの「コペン クーペ」登場
ダイハツ「コペン」に「コペン クーペ」、200台限定で登場

コペンは、着せ替え可能なオープンカー。ライフスタイルに合わせ、購入後でも形や柄を変更できる。外板を13個の樹脂パーツの集合体と捉える新概念「DRESS-FORMATION」の採用でこれを実現しており、この構造を活かした「コペン ローブ」「コペン エクスプレイ」「コペン セロ」という3つの意匠を販売している。

着せ替え可能なオープンカー、ダイハツ「コペン」にクーペタイプの「コペン クーペ」登場
参考画像:コペンを着せ替え可能にする内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」

今回発売される「コペン クーペ」は、東京オートサロン2016に出展されたコンセプトカーを商品化したもの。「コペン セロ」をベースにCFRP製のハードルーフを装着したクーペスタイルが特徴となっている。開閉式のガラスハッチからは、荷物の出し入れが可能だ。

内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用で
ガラスハッチからは、荷物の出し入れが

インテリアでは、「MOMO製革巻ステアリングホイール」(CVT車はパドルシフト付)を標準装備とした。また、曇りにくいガラス「eXeview」が採用されている。

着せ替え可能なオープンカー、ダイハツ「コペン」にクーペタイプの「コペン クーペ」登場

センターコンソールには、数量限定車であることを示すシリアルナンバープレートが装着された。

センターコンソールには、数量限定車であることを示すシリアルナンバーが刻まれている。
数量限定車であることを示すシリアルナンバープレート

その他、MT車にはコーナリング時の安定性を高める「フロントスーパーLSD」が標準装備されている。

車体色は「ブリティッシュグリーンマイカ(ベージュインテリア)」と「パールホワイトIII(ブラックインテリア)」。希望小売価格はCVT車が248万4,000円で、MT車が250万5,600円。

着せ替え可能なオープンカー、ダイハツ「コペン」にクーペタイプの「コペン クーペ」登場
車体色「パールホワイトIII」

応募は専用サイトから。応募期間は2019年1月11日から2月11日(18時)までで、200台を上回る応募があった場合には抽選となる。納車は2019年4月以降に予定されている。

着せ替え可能なオープンカー、ダイハツ「コペン」にクーペタイプの「コペン クーペ」登場
コペン クーペ エンブレム