ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company:HACI)は12月20日、「HondaJet Elite」の日本における初号機の引き渡しを行った。また、これを記念して羽田空港内で開催された式典には、国土交通省の航空局長である蝦名邦晴氏、HACI社長 藤野道格氏、日本のディーラー「HondaJet Japan」チーフエグゼクティブ 遠矢源太郎氏らが出席した。

HondaJet、日本初号機を引き渡し
ファーストデリバリーセレモニーの様子

式典では、蝦名航空局長から藤野HACI社長に型式証明書が授与されたあと、日本での最初の顧客となる千葉功太郎氏にHondaJet Eliteが引き渡された。なお、千葉氏に加え、堀江貴文氏、山岸広太郎氏らも共同所有者となる予定。

HondaJet、日本初号機を引き渡し
型式証明書授与式の様子

千葉功太郎氏はHondaJet Eliteについて次のコメントを発している。

「私も数回、実際に乗りましたが、その静音性、力強さ、なめらかさ、安全性、安定性、そして何よりも機体の美しさは抜群です。小型ジェット機が普及すると、日本全体が一つの都市圏になり、新しい経済活動が加速します。12月20日は、日本における『空の移動革命 Day1』になると強く確信します」