空冷DOHC直列4気筒エンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル ホンダ「CB1100」「CB1100EX」「CB1100RS」のカラーリングが変更された。各部の熟成も図られ、「CB1100EX」「CB1100RS」は2019年1月11日、「CB1100」は1月28日に販売開始される。

ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
(画像は「CB1100EX」キャンディークロモスフィアレッド)

「CB1100」は、ショーワ製SDBVフロントフォークを採用。乗り心地に磨きをかけた。燃料タンクを14L→17L容量にアップ。航続距離を延ばしている。シートには長距離走行時の快適性を実現するワディング加工を施したものを装着した。

ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
「CB1100」は、ショーワ製SDBVフロントフォークを採用
タンク容量もアップ

カラーリングは、「ダークネスブラックメタリック」1色の設定。エンジンや前・後フェンダー、ホイールなどをブラック基調にし、金属素材とのコントラストによって上質感を演出している。

ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
エンジンや前・後フェンダー、ホイールなどをブラック基調に塗装

「CB1100」の価格は123万1,200円。

「CB1100EX」は、エンジン全体をシルバー塗装とした。車体の主体色には「キャンディークロモスフィアレッド」と「パールホークスアイブルー」の2色を採用している。前・後フェンダーとサイドカバーを主体色と同色に塗装し、統一感のあるカラーリングとした。

ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
「CB1100EX」は、エンジン全体をシルバー塗装に
(画像はパールホークスアイブルー)

フロントインナーパイプの保護とフロント部のアクセントとしてフォークブーツが装着された。また、パッセンジャーシート部にはシルバーのパイピングを施すことで上質感を向上させている。燃料タンクの側面にはシルバーのラインが配された。

ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
フォークブーツ、パッセンジャーシート部のシルバーパイピング、
燃料タンク側面のシルバーラインなどが特徴

「CB1100 EX」の価格は133万8,120円。

「CB1100RS」では、減衰力調整機能付きリアサスペンションを採用。上質な走りを追求した。

ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
「CB1100RS」では、減衰力調整機能付きリアサスペンションを採用

カラーリングには「ダークネスブラックメタリック」「マットベータシルバーメタリック」「パールホークスアイブルー」の3色が採用された。このうち、「ダークネスブラックメタリック」では、エンジンや足回り、前・後フェンダー、サイドカバーなどもブラック基調で統一して精悍さを演出している。

ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
エンジンや足回り、前・後フェンダー、サイドカバーなどもブラック基調で統一

「マットベータシルバーメタリック」「パールホークスアイブルー」では、エンジンや前・後フェンダー、サイドカバーをブラック基調のカラーリングとしている。また、左・右クランクケースカバーやフロントフォークボトムケース、ステップホルダーなどでは金属素材を強調したパーツやシルバー塗装を施したパーツを装着している。

ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
エンジンや前・後フェンダー、サイドカバーをブラック基調のカラーリングに

「CB1100 RS」の価格は137万8,080円。

ホンダ「CB1100」シリーズ、カラーリングを変更
「CB1100RS」マットベータシルバーメタリック