新型三菱「デリカD:5」が東京オートサロン2019に、合計3台出品される。うち1台は純正用品提案車。

三菱「デリカD:5」純正用品提案車、東京オートサロン2019に登場
新型三菱「デリカD:5」純正用品提案車

「デリカD:5」は、2018年度内に発売が計画されているミニバン。「様々な道路状況において、乗員や荷物を目的地まで確実に運ぶクルマ」という、歴代「デリカ」の商品コンセプトを継承しており、トルクフルなディーゼルエンジンや4WD技術などによる走破性能を備えている。

三菱「デリカD:5」
参考画像1 :新型三菱「デリカD:5」
商品コンセプトを示す画像

エクステリアでは、三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」とマルチLEDヘッドライトを採用。一目で新型「デリカD:5」と分かる、特徴的なデザインとされた。インテリアは、悪路でも車体姿勢をつかみやすい水平基調の「Horizontal Axis」デザイン。スイッチ類の操作性など、本格的なアウトドア性能にこだわるデリカらしさが込められた。

三菱「デリカD:5」
参考画像2 : 悪路でも車体姿勢をつかみやすい「Horizontal Axis」インテリア

今回出品される新型「デリカD:5」のうち“純正用品提案車”では、LEDワーキングランプを装着したヘビーデューティキャリアが装着された。

三菱「デリカD:5」純正用品提案車、東京オートサロン2019に登場
LEDワーキングランプを装着したヘビーデューティキャリア装着
明るい!

フロントにはブラックのエンジンフードエンブレムが装着されている。サイド&リヤのアンダーガードバーもブラック化されて装着された。

三菱「デリカD:5」純正用品提案車、東京オートサロン2019に登場
エンジンフードエンブレムはブラックに

三菱「デリカD:5」純正用品提案車、東京オートサロン2019に登場
サイドアンダーガードバーもブラック化されて装着

その他、マッドフラップ(レッド)なども装着され、家族や友達とレジャーを楽しむ人向けの一台に仕上げられた。

三菱「デリカD:5」純正用品提案車、東京オートサロン2019に登場
マッドフラップ(レッド)も装着

三菱自動車は、アウトランダー / エクリプス クロスベースのカスタムカー「STREET SPORT」も出品する。

「STREET SPORT」のエクステリアは、チタニウムグレーメタリックxブラックマイカの2トーンボディにストライプ模様のグラフィックがデザインされているのが特徴。各部にイエローアクセントが配されており、スポーツウェアのようなコーディネーションとされた。

三菱「デリカD:5」純正用品提案車、東京オートサロン2019に登場
エクステリアは、2トーンボディにストライプ模様のグラフィックが特徴

「アウトランダーPHEV STREET SPORT」では、フロントとリヤのバンパー、サイドシルガーニッシュ、そしてアルミホイールにもイエローのアクセントが配されている。アルミホイールにはRAYS製HFULL CROSS Rv5が採用され、タイヤにはYOKOHAMA製ADVAN SPORT V105(245/40ZR20)が装着された。

三菱「デリカD:5」純正用品提案車、東京オートサロン2019に登場
アルミホイールにもイエローのアクセントが配された

「エクリプス クロス STREET SPORT」では、フロントコーナー・サイド・リヤコーナーエクステンションにイエローが配された。フロント・リヤバンパーガーニッシュ、テールゲートスポイラーが装着され、スポーティな印象とされている。足回りはRAYS製アルミホイールHOMURAとYOKOHAMA製ADVAN SPORT V105(245/40ZR20)が装着された。

三菱「デリカD:5」純正用品提案車、東京オートサロン2019に登場

■出品車一覧
三菱自動車が「東京オートサロン2019」に出品するのは、以下の計7台。

◆参考出品
・新型デリカD:5 2台(内1台は純正用品提案車)
・新型デリカD:5 URBAN GEAR 1台

◆カスタムカー
・アウトランダーPHEV STREET SPORT 1台
・エクリプス クロス STREET SPORT 1台

◆純正用品提案車
・アウトランダーPHEV 1台
・エクリプス クロス BLACK Edition 1台

「東京オートサロン2019」は、2019年1月11日から1月13日まで幕張メッセで開催される。