Boho Camper Vansは、ログハウスのような室内を持ち、価格の安いキャンピングカーを制作するチーム。米国アリゾナ州フェニックスに拠点を置いています。

ログハウスみたいなキャンピングカーはいかが? 価格も手ごろなBohoのキャンパー
ログハウスのような車内!Bohoのキャンピングカー

Boho Camper Vansが得意としているのは、商用バンをベースに、キャンピングカーへと作り込むこと。パイン材やシダー材で車内の天井、壁、ドアーをすべて覆い、ログハウスのように仕上げてくれます。

ログハウスみたいなキャンピングカーはいかが? 価格も手ごろなBohoのキャンパー
ドア裏もしっかり、木材で覆われています

低価格の理由は中古の商用バンをベースにしているから。米国では比較的安価に手に入るフォードなどのバンを1万ドル(110万円)以下で入手。浮いた予算を、内装費に回しています。日本にも中古の住宅や倉庫を安く入手し、室内をリフォームして住宅としての価値を高めて販売する業者が存在しますが、Bohoはそれに近い発想を持ったチームといえるかもしれません。

ログハウスみたいなキャンピングカーはいかが? 価格も手ごろなBohoのキャンパー
100万円の中古車をリフォーム(?)して、
387万円のキャンピングカーに!

ベッド下には最大約100リットルの水タンクが。このタンクの水はキッチンやアウトドアシャワーで利用されます。

ログハウスみたいなキャンピングカーはいかが? 価格も手ごろなBohoのキャンパー
キッチンは、電動タップ付きです

屋根には100ワットのソーラーパネルが2枚。室内にはこれに接続されたバッテリーとインバーターが設置されており、ACコンセントと、USBコネクタが装備されます。

ログハウスみたいなキャンピングカーはいかが? 価格も手ごろなBohoのキャンパー
屋根には100ワットのソーラーパネル2枚
アリゾナの強烈な日差しで発電します

ログハウスみたいなキャンピングカーはいかが? 価格も手ごろなBohoのキャンパー
室内にはACコンセント&USBコネクタを用意

キャンピングカーにはその他、LED室内灯、フルサイズベッド、ブランケット、シーツ、タオル、プロパングリル、などが付属します。

ログハウスみたいなキャンピングカーはいかが? 価格も手ごろなBohoのキャンパー
2口グリルで、料理がしやすそう

基本価格は3万5,000ドル(約387万円)。なお、日本に配送するには、送料や税金などが別途発生するとのことでした。

ログハウスみたいなキャンピングカーはいかが? 価格も手ごろなBohoのキャンパー
ナンバーが取れるか、という問題もありますね…。

安さが売りとはいえ、送料などを考えると二の足を踏んでしまうBoho Camper Vansのキャンピングカー。楽しみたいのであれば、アリゾナに旅行に出かけるのも手かもしれません。Boho Camper Vansは、彼らが製作したキャンピングカーのレンタルサービスも実施しています。アリゾナの自然を満喫するには、ホテルに泊まるよりもキャンピングカーを使った方が楽しいケースもあるかもしれません。

ログハウスみたいなキャンピングカーはいかが? 価格も手ごろなBohoのキャンパー
レンタカーでのキャンプイメージ

(本稿内の画像は、Boho Camper VansのDavid Sodemannさんに許諾を受け、同社Webサイトから転載したものです)