ホンダ「N-BOX」シリーズが、2018年の新車販売台数(登録車を含む)で、2年連続第1位を獲得した。軽四輪車新車販売台数では4年連続での第1位を継続している。

2018年に一番売れた車は、ホンダ「N-BOX」でした
「N-BOX」シリーズ、新車販売台数(登録車を含む)で2年連続第1位に

「N-BOX」シリーズのラインアップは、「N-BOX」と「N-BOX SLASH」で構成されている。「N-BOX」は軽乗用車最大級の室内空間と優れた走行性能・燃費性能が特徴。「N-BOX SLASH」は「N-BOX」の持つ機能に加え、個性的なインテリアデザインや、重低音を楽しめるサウンドマッピングシステムなどが魅力だ。

2018年に一番売れた車は、ホンダ「N-BOX」でした
るサウンドマッピングシステムなどが魅力の「N-BOX SLASH」

「N-BOX」シリーズの2018年の販売台数は、過去最高の24万1,870台となった。2011年の発売以来の累計販売台数は、146万546台に達しているという。

ホンダは販売台数1位を記念したスペシャルページを、同社公式Webサイトで公開している。