ダイハツコペンのコンセプトカー「COPEN GR SPORT CONCEPT」が東京オートサロン2019に世界初出展された。

ダイハツコペンに、走行性能を高めた「COPEN GR SPORT CONCEPT」―TOYOTA GAZOO Racingと連携して開発中のコンセプトカー
ダイハツコペンのコンセプトカー「COPEN GR SPORT CONCEPT」
東京オートサロン2019に登場

コペンは、着せ替え可能なオープンカー。ライフスタイルに合わせ、購入後でも形や柄を変更できる。外板を13個の樹脂パーツの集合体と捉える新概念「DRESS-FORMATION」の採用でこれを実現しており、この構造を活かした「コペン ローブ」「コペン エクスプレイ」「コペン セロ」が販売されてきた。また、1月11日14時からは、クーペタイプの「コペン クーペ」の予約受付が、専用Webサイトで開始される。

クーペタイプの「コペン クーペ」
クーペタイプのコペン「コペン クーペ」

今回出展された「COPEN GR SPORT CONCEPT」は、トヨタのTOYOTA GAZOO Racingと連携してダイハツが開発を進めている新商品のコンセプトカー。コペンの走行性能に対する顧客からの要望に応えるため、ボディーの剛性強化や足回りのチューニングを中心に、思い通りに操れるマシンを目指して開発しているという。

ダイハツコペンに、走行性能を高めた「COPEN GR SPORT CONCEPT」―TOYOTA GAZOO Racingと連携して開発中のコンセプトカー
走行性能を高めたコペンの「GR SPORT」

フロントフェイスには、トヨタGRシリーズの一部で採用されている「Functional MATRIX」グリルが、インテリアでは専用のレカロシートやインパネなどが採用されている。