BMWが新型EV「iNEXT」のプロトタイプ画像を公開した。スウェーデンのアリエプローグにあるBMWグループのウィンター・テスト・センターで試験走行中のもの。

BMWの新型EV「iNEXT」、北極圏でのテスト画像を公開

「iNEXT」は、BMWグループのテクノロジーフラッグシップとなるSAV。自動運転、コネクティビティ、モビリティサービスといった次世代テクノロジーをひとつのパッケージとして提供するモデルとなる。

BMWの新型EV「iNEXT」、北極圏でのテスト画像を公開

プロトタイプの試験走行は、雪で覆われた道路や凍結した湖上で行われている。EVのバッテリーは寒さに弱いが、テスト・エンジニアは、氷点下でバッテリーがモーターやオンボード・ネットワークに電源供給できるか、充電ができるかなどをテストしているという。ヒーターやエアコンの作動に及ぼす影響も分析している。

BMWの新型EV「iNEXT」、北極圏でのテスト画像を公開

テスト・エンジニアはまた、動力伝達やサスペンション・システムもテストしている。氷上では低速走行であっても、電子制御による介入を引き起こす挙動が発生するためだ。

BMWの新型EV「iNEXT」、北極圏でのテスト画像を公開

「iNEXT」の量産車は、2021年から生産される予定。

BMWは昨年秋にはコンセプトカー「Vision iNext」を公開している。量産車がこのコンセプトカーにどこまで近づくのか、興味深い。

BMWコンセプトカー「Vision iNext」
参考画像:BMWのコンセプトカー「Vision iNext」

BMWコンセプトカー「Vision iNext」
自動運転車による新しいドライビング体験を提案