三菱「L200」(欧州仕様車)の2020年モデルがジュネーブ国際モーターショーに参考出品される。

究極のSUT! - 三菱「L200」がジュネーブ国際モーターショーに登場

「L200」のコンセプトは「究極のスポーツ・ユーティリティ・トラック(SUT)」。このコンセプトに従い、ビジネスユースに耐える高い信頼性と、プライベートユースでの快適性を併せ持つ1トンピックアップトラックに仕上げられた。

究極のSUT! - 三菱「L200」がジュネーブ国際モーターショーに登場

エクステリア/インテリアは、「Engineered Beyond Tough(技術に裏付けられた真のタフさ)」という開発思想を体現したデザイン。フロントフェイスでは新世代の「ダイナミックシールド」デザインコンセプトが採用された。高いボンネットフードで厚みを持たせランプ類を高い位置に配置したことで、力強く堂々としたフロントフェイスとされている。

究極のSUT! - 三菱「L200」がジュネーブ国際モーターショーに登場

パワートレインは2.2Lディーゼルエンジンと6速オートマチックトランスミッションの組み合わせ。滑らかで力強い加速性能を発揮するだけでなく、静粛性も向上させている。

究極のSUT! - 三菱「L200」がジュネーブ国際モーターショーに登場

ディーゼルエンジンの排出ガスをクリーンに浄化する尿素SCRシステムを採用。尿素水溶液であるAdBlueにより、窒素酸化物(Nox)を安定して浄化し、EURO6d-tempに対応している。

ジュネーブ国際モーターショーは3月5日から17日まで、スイス・ジュネーブで開催される。