三菱自動車は、ジュネーブ国際モーターショーで世界初披露するクロスオーバーSUVのコンセプトカー「ENGELBERG TOURER(エンゲルベルク・ツアラー)」のサイドシルエットを公開した。

三菱、クロスオーバーSUV「ENGELBERG TOURER」のサイドシルエットを公開

車名に採用されたエンゲルベルクとは、スイス中央部にある山間部の村の名前。同地では人の手が入っていない地形で滑走するより自由なスキースタイル“フリーライディング”を楽しめる。

三菱はこのコンセプトカーのドライバーを“フリーライディング”のような新しいことに挑戦したい、もっと行動範囲を広げたいと考える人々と想定。「ENGELBERG TOURER」をそのようなドライバーの相棒となるクルマとして提案している。

三菱は1月には「ENGELBERG TOURER」のフロントフェイスシルエットを公開済み。今回公開されたサイドシルエットと合わせるとその全体像がかなり見えてくる。

三菱、クロスオーバーSUV「ENGELBERG TOURER」のサイドシルエットを公開

ジュネーブ国際モーターショーは3月5日から17日まで、スイス・ジュネーブで開催される。