ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、オープントップの「スパイダー」

ランボルギーニは「ウラカンEVOスパイダー」をジュネーブ国際モーターショーで公開する。今年初めに発表されたクーペに続くオープントップモデル。

ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、オープントップの「スパイダー」

スパイダーにはクーペモデルと同じ5.2リットル自然吸気V10エンジンが搭載された。最高出力640hp(470kW)、最大トルク600Nmを発揮するこのエンジンを搭載したスパイダーは、0-100km/h加速で3.1秒、0-200km/h加速で9.3秒を達成している。

ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、オープントップの「スパイダー」

これらの数値はクーペより若干劣ったものではあるが、オープン走行時には自然吸気エンジンならではのエモーショナルなサウンドをクーペよりもダイレクトに体験可能だ。最高時速はクーペと同じ325km/h。トランスミッションには7速LDFデュアルクラッチが採用された。

ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、オープントップの「スパイダー」

クーペタイプでの優れたエアロダイナミクスはスパイダーにも引き継がれた。ルーフが開いているときでも閉じているときでも、初代ウラカン・スパイダーの5倍以上のダウンフォースと空力効率を実現。優れたハンドリングに加え快適な乗り心地を提供する。

ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、オープントップの「スパイダー」

軽量ソフトトップは電動油圧式。センターコンソールに配置されたボタンにより走行速度50km/h時に17秒で開くことが可能だ。リアウィンドウはルーフの位置とは関係なく電動で上下できる。リアウィンドウを上げると風防となり、下げればエンジンサウンドを楽しめる。

フロントデザインはクーペ同様、フロントスプリッターエアインテークにより空力効率が向上された。

ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、オープントップの「スパイダー」

リアもクーペを引き継ぎ、ツインアウトレットがリアバンパーの高い位置に配置されている。テール上端には一体型スポイラー装備され、エアロダイナミクス性能がアップしたことを外観からも強調している。アンダーボディも空力効率の最大化を図る形状とされた。

ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、オープントップの「スパイダー」

クーペタイプ同様、AWD、RWSと連動して車両を統合制御する「ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)」を装備。このLDVIは、走行時のデータをリアルタイムでモニタリングし、また、ドライバーからのステアリングやブレーキ、アクセルペダルに対する操作などから、ドライバーのニーズを予測して、最適なドライビングを実現する。

ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、オープントップの「スパイダー」

「ウラカンEVOスパイダー」の日本での価格は3,282万7,602円。

ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、オープントップの「スパイダー」