「iWEECH」は、人工知能(AI)を搭載したE-バイク。ビッグデータなどを専門としているフランス在住のChristophe Sauvanさん率いるIWEECH TEAMが開発した。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
人工知能(AI)を搭載した「iWEECH」

利用者の走行傾向を学習・分析し、次回以降の走行にそのデータを活かすのが特徴。例えば利用者がある方向に向かって走り出した場合、過去の走行データから「iWEECH」は目的地と、走行ルートを予測する。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
利用者が走り出したら

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
「iWEECH」が目的地と走行ルートを予測

続いて目的地までの距離や高低差、その日の天候といったデータをインターネットから取得。バッテリー残量データと合わせ、最適なアシスト量を決定し、適用する。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
目的地までの距離や高低差などをインターネットから取得し

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
バッテリー残量と合わせ、最適なアシスト量を決定する

例えばバッテリー残量が十分にある場合には、常にアシスト量を多めにし、利用者が楽に、早く目的地に到着するのを手助けする。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
バッテリー残量が十分にある場合には、常にアシスト量を多めに

だがバッテリー残量が不足している場合、坂道のみでアシストを実施。平地ではアシスト量を減らして、バッテリー残量がゼロになることを防ぐ。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
バッテリー残量が不足している場合、坂道のみでアシストを実施
バッテリー切れを防ぐ

このような機能により、利用者はただ電源ボタンを押すだけで、あとは「iWEECH」まかせでの走行が可能となる。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
利用者はボタンを押すだけ

「iWEECH」は都市在住の通勤向けにデザインされたもの。街乗りに便利な機能が多く搭載されている。例えばドライブトレインではチェーンではなく、ベルトドライブが採用されており、忙しいビジネスパーソンのメンテナンスの手間を省いている。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
ベルトドライブ採用
忙しいビジネスパーソンがメンテナンスに費やす時間を減らす

重さは18キロ。都市部の走行では「iWEECH」を担いで階段を上り下りするケースもありうるが、この重さであれば比較的容易に持ち運べるだろう。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
重さは18キロ

盗難を防ぐモーションセンサーや警報装置、スマートフォンへの通報装置や、盗難されてしまった後に「iWEECH」を発見しやすくするGPSトラッキング機能なども装備された。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
盗難防止機能も搭載

2019年5月に欧州から出荷が開始される。欧州での価格は3,500ユーロ(約44万2,000円)程度になる予定。

人工知能を搭載したE-バイク「iWEECH」
日本発売は未定