渋滞中の「お腹すいた」に対応する車載用炊飯器、SEIZONの「1L rice cooker」

SEIZONの「1L rice cooker」は車載用炊飯器。クルマのシガーソケットから電源を取ってごはんを炊けます。AliExpressをはじめとする中国の通販サイトで販売されています。

渋滞中の「お腹すいた」に対応する車載用炊飯器、SEIZONの「1L rice cooker」
車載用炊飯器「1L rice cooker」
シガーソケットから電源を取ってごはんを炊けます

販売元は、「渋滞中の“お腹すいた”」に対応している、という点をプッシュしています。日本人であれば、そんなときにはSA/PAで休憩がてら何かをつまむのでしょうが、世界には高速道路にSA/PAの無い国も。そんな国では「1L rice cooker」を使って車内炊飯をすると便利なのかもしれません。購入者コメントの国名欄を見ていると、ドイツ、ウクライナ、ロシア、カタール、カザフスタン、ブラジル、ベラルーシなど様々な国名が並んでいます。

渋滞中の「お腹すいた」に対応する車載用炊飯器、SEIZONの「1L rice cooker」
いっそセンターコンソールに標準装備にして欲しい
…その方が、少しは安全では??

コメントを読むかぎり、炊飯器としての評判は上々。40分程度で2人分のごはんを炊けるそうです。麺料理やたまご料理、スイーツなどの調理も可能だとか。

渋滞中の「お腹すいた」に対応する車載用炊飯器、SEIZONの「1L rice cooker」
麺料理にも対応
クルマでラーメン食べられたら、ちょっとうれしいかも

渋滞中の空腹対応だけでなく、キャンプなどにも活用できます。「1L rice cooker」を複数用意しておけば、ごはんのほか、スープ、蒸し料理などを調理して、キャンプ場で楽しめます。

渋滞中の「お腹すいた」に対応する車載用炊飯器、SEIZONの「1L rice cooker」
これだけの料理をするには、「1L rice cooker」が3台は必要では?

カラーバリエーションは炊飯器らしい「ホワイト」のほか、「グリーン」「ピンク」「レッド」の4色展開。日本人にはちょっと無い発想のカラーも含まれています。販売価格は車載用で27.50ドル。日本ではシガーソケットの仕様の違いで利用できないそうです。


渋滞中の「お腹すいた」に対応する車載用炊飯器、SEIZONの「1L rice cooker」
ピンクの炊飯器?ないな…。

そもそも、日本では高速道路の走行中にご飯を炊きだす人はいない気がします。でも、オートキャンプ場で炊き立てごはんを食べたいという人はいるでしょう。そんな人には「タケルくん」という製品があります。

渋滞中の「お腹すいた」に対応する車載用炊飯器、SEIZONの「1L rice cooker」
おなじみ、タケルくん!

「タケルくん」はAmazon.co.jpなどで購入可能。入手しやすい価格でおススメです。