日産は上海国際モーターショーで新型セダンを世界初公開する。この新型セダンには、エクステリアとインテリアに日産の特徴的な最新のデザインが採用され、数々の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術が搭載されているという。

日産はまた、コンセプトカー「IMQ」「IMs」をあわせて出展する。

クロスオーバーのコンセプトカー「IMQ」には、電動モーターと発電用ガソリンエンジンを組み合わせた「e-POWER」を搭載。走行には電動モーターのみが使用されるため、100%電気自動車と同様の走りを楽しめる。

日産、新型セダンを上海モーターショー2019で世界初公開
クロスオーバーコンセプト「IMQ」

コンセプトカー「IMs」は、進化したスポーツセダンという新しいセグメントを提案している。100%電気自動車だからこそ実現できるデザインと広々とした室内に革新的なシートレイアウトが採用された。自動運転モードで走行中はステアリングが格納され、快適なドライビングを提供。一方、マニュアル運転モードでは、先進の電気自動車ならではの高性能な走りを楽しめる。

日産、新型セダンを上海モーターショー2019で世界初公開
コンセプトカー「IMs」

上海国際モーターショーは4月18日から25日まで一般公開される。